gaYa広告

2011年01月14日

iPad版の無料版新聞は消える!?

AppleInsiderは、伝えられるところによれば、多くのヨーロッパの新聞がアップル(Apple)社によって、購読戦略として、もうAppストアを通してiPad版のフリー・アクセス版として有料印刷加入者に提供できないと言われ、アップルが30%を切ると報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

deVolkskrantは2011年01月14日金曜日のレポートによると、アップルは出版社に「stricter rules(より厳しい規則)」として、有料印刷版新聞加入者へ提供されてきた無料版をiPadで提供できないことを彼らに知らせてきたと報告している。

新聞社は、加入者に印刷版を提供するためにフリー・アクセスを提供することによって、iPadを通したアクセスに課金するのを避けることができて、Appストアにおけるすべてのトランザクションで30%をアップルに支払うのを避けることができた。

さらにnrc.nlは、アップルが2011年4月1日後から新聞を許容しないようになるまで。加入者が印刷するためにフリー・アクセスを提供すると報告した。

コンテンツ・プロバイダーは、アップルを「too dominant.(優位過ぎる)」ようにするものとして、この変更を特徴付け、変更に慌てている。

アップルが、iOSのアップデートで作業していると言われているとき、アップルによって新聞社へ申し立てられた変化は、来また。iPadを動かすモバイル・オペレーティング・システムは、Appストア上でソフトウェアのための再発購読を許すことになると言っている。

この変更により、ニュース社の新しいiPadだけ新聞「The Daily,」の発行は、新規申込みオプションのためのアップルの準備で遅れることになると予測されている。

ただし、このような情報はヨートッパだけで、米国ではまだどこも変更について報告していないと言っている。

再発ソフトウェア購読のAppストアで通ることを許すことが、現在のベータ版iOS4.3の一部であるかもしれないことが必要だった状態で、アプリケーション・プログラミングと連結することは可能で、今週、開発者にテストするために発表された最初のソフトウェアは、そのような特徴の言及を全く作らないで提供されている。

噂では、公式版iOS4.3アップデートを2011年3月にリリースすることを示した。


アップルはサンフランシスコで開催される今度のイベントで「The Daily,」に伴う特徴を公開すると噂されている。

そのイベントでは、アップルの最高責任者スティーブ・ジョブス(Steve Jobs)と、ニュース社の最高経営責任者ルパート・マードック(Rupert Murdoch)がサンフランシスコ現代美術館(San Francisco Museum of Modern Art)の舞台に立つと言われている。

その舞台で、ルパート・マードックが今回のアップルの変更による遅れをどう表現するかは見物かもしれない。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。