2011年01月14日

ローマ法王は、ヨハネ・パウロ二世の奇跡を承認!

人物

BBC Newsは、ベネディクト16世ローマ法王(Pope Benedict XVI)は、5月1日にヨハネ・パウロ二世(John Paul II)の授福(beatification)への道を開いて、正式に彼の故前任者の結果と考えられた奇跡を承認したと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

聖者として、授福または「祝福される(blessed)」ために故ローマ教皇を宣言する過程は重要段階になった。

ヨハネ・パウロ二世は、およそ27年の教皇の位の後に2005年に死去した。

バチカン市国は、ヨハネ・パウロ二世によるパーキンソン病を持っていたと言われた尼僧の奇跡的な療法を称賛した。

教会の役員は、自分で悩んでいた40代後半のフランス人修道女のマリー・サイモン-ピアー(Marie Simon-Pierre)の奇跡的な療法をポーランドからのローマ法王が取りなしたと信じている。

彼女は、彼女の仲間尼僧と一緒に彼に祈り、ヨハネパウロ二世の死の2カ月後に、彼女の病気が不可解になくなったと言った。

教会指定医は、昨年、奇跡の正当性に関するいくつかの疑問を持っていたが、尼僧の回復のためのどんな医学の説明もなかったのに同意した。

ポーランドの新聞は、尼僧のケースについて詮索した医師が、一時的な回復がパーキンソンから可能であるのではなく、医学的に可能である神経障害に苦しんでいたかもしれないと結論を下したと言った。

5月1日の授福のために、最大100万人がローマで集まると予想されている。

2005年4月8日のヨハネパウロ二世の葬儀で嘆く人は、「聖人像スビト!(Santo subito!)」 または、「たった今、彼を聖者にしてください!(Make him a saint right now!)」と歌った。

ベネディクト16世ローマ法王は、授福手順を始める前に、通常、候補の死の後に5年の待ち期間を課す教会規則を省くことによって、聖人へのファストトラックに彼を置いた。

伝統に応じて至福にあずからせられるローマ法王の遺体は、地下室から本堂まで上げられるので、「St Peter's Basilica」の方法の下に、ヨハネパウロ二世の墓にスペースを作る仕事がおこなわれることになった。

バチカン市国のスポークスマンであるフェデリコ・ロンバルディア(Federico Lombardi)は、「ヨハネパウロ二世の棺は開かれずに、バチカン市国地下室からSt Peter's Basilicaに動かされるでしょう。」と言った。

しかし、彼の身体は「ビータス・ヨハネ・ポーラスII(Beatus Ioannes Paulus II/祝福されたヨハネパウロ二世)」と書かれた簡単な大理石の墓に置かれた状態で表示されないと言っている。

ヨハネ・パウロ二世が聖者の列に加えられるために、授福に続いて、2番目の奇跡は確かめられなければならない。

どんな奇跡が起こるか?

あなたは奇跡を信じますか?
あなたは、聖人が居ると思いますか?

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告