2011年01月14日

アジアのフットボール・チーフは、2022年のワールドカップ共同開催を否定した!

BBC Newsは、アジアのフットボール・チーフであるモハメド・ビン・ハーマン(Mohamed Bin Hammam は、カタールで2022年の夏から冬までにワールドカップを開催するとき、中東湾岸地域の周りで試合を共有することを除外したと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

FIFAは、カタール・サッカー協会(Qatar Football Association)の要求は、日を変えて議論する必要があると言って、モハメド・ビン・ハーマンの主張を退けた。

また、今週UEFAのミシェル・プラティニ(Michel Platini)会長によって提案された「Gulf World Cup(湾岸ワールド・カップ)」の機会を切り捨てたことにもなった。

モハメド・ビン・ハーマンは、
「私たちは興味を持っていません。」
「カタールは、単独で、構成できます。」と言った。

さらに、「私たちは非常にうれしく思います。6月、7月に驚くべきワールド・カップを構成すると世界に約束しています。」と言っている。

フランスのプラティニ会長は、2022年のワールド・カップが比較的小さい規模のカタールのため、他の湾岸諸国と共有されるべきであると言った。
FIFAゼップ・ブラッター(Sepp Blatter)会長は50C以上になる夏季の気温のため冬に切り換える願望を述べたが、素ても無視された。

しかし、ブラッターの後継者と言われているモハメド・ビン・ハーマンは、両方がそれほどオープンに潜在的変化を示すことは間違っていると言った。

木曜日に、イランのコーチアフシン・ゴートゥビ(Afshin Ghotbi)は、他の湾岸諸国がカタールと共に共同開催するのを許容するよりコンテストを再開させることが良いと言った。

まだ11年もあるのに、結論は早すぎるのでは???

周囲を完全否定するとは---アラブらしいと言えば???

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告