on-the-time.jp

2010年11月15日

中国の人気アイドル、整形手術中に死亡!

美容と医学の科学

AFPは2010年11月29日に、中国のオーディション番組「超級女声(Super Girl)」の出場経験もある24歳の中国で人気アイドル王貝(王贝/Wang Bei)が美容整形の手術中に死亡する事故があり、中国の医療当局が調査に乗り出したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

中国国営の新華社(Xinhua)通信によると王貝は2010年11月15日に湖北(Hubei)省武漢(Wuhan)で麻酔をかけられた上で「顔の骨を削る手術」を受けていたところ、あごから突然出血し、気管をつまらせて窒息死した。

当時、王貝さんの母親も同じ病院で王貝さんと同じ手術を受けていたといっている。

中国保健省は2010年11月27日に、「湖北省保健当局に状況を調査し、結果をすぐ公表するよう命じた」との声明を発表した。
また、美容整形業界への監督強化を命じたと発表している。

王貝の死を受けて、中国では美容整形手術の危険性に懸念が広がっている。

新華社によると、中国では年間300万人が美容整形手術を受けている。
中国南部の医科大学、広東医学院(Guangdong Medical College)美容整形外科のZhang Huabin教授は、美容整形手術の需要の急増で経験の乏しい医師が手術を行うようになっていると指摘し、「リスクが高く、無責任だ」と述べたと報告している。

以前、知人が中国の薬や病院、手術の話をしてくれたが、それはすべて危険に感じた。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告