2010年11月19日

Googleは、世界で2,000人以上を雇うと言っている。

ロイターは、Googleは、より速く成長しているライバルと共に、タレントを求めて新しい市場と戦いに拡大するのに従って従業員を増やして、地球の周りの2,000人以上を雇うことを計画していると報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

木曜日のロイターからの情報によると、世界の最も大きいインターネット検索エンジンの財政チーフは、2010年9月にインターネット産業が「タレントのための戦争(war for talent)」を行っていたと投資家に言ったと報告した。

求職数は2009年3月に行われたジョブ・リスティングページからほとんど六倍に上がっている。

この雇用ばか騒ぎは、一連の20以上と並んでGoogleの横隊が今年の既に助けた獲得で9月の終わりまでに、2万3300人以上の従業員に水増し、1年の初め以来およそ18%増えた。

Googleは今月、内部的に発表した内容によると、従業員のすべてに対し、2011年に10%の昇給を与えることを計画している。、メディア報道に従って、産業における多くの試みとして、最も良い労働者を保有すると解釈した。

Googleの現在の求職は、主としておよそ半分が彼らと一緒にいる技術者と販売従業員のために米国にいる。

仕事のいくつかが一時的であると記載されましたが、大部分は専任職であるように見えましたといっている。

しかし、これではGoogleもシリコンバレー・ガラパゴスは脱出できない。

シリコンバレー・ガラパゴスで明らかなこととして、ニールセンの報告によれば、モバイル・マネーで米国は後進国であったことが明らかになっている。

その他にも、米国には自己満足的なシリコンバレー・ガラパゴスの落とし穴が、いたるところで口を開けて待っている。

さらに、Googleは自社避難者を雇えないという、まるで、ベネズエラのウゴ・チャベス大統領のようなことをやっている。

褒めちぎり、ゴマすり大国の裸の王様に、Googleはなりそうである。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト