2010年11月19日

巨大な重力「レンズ」は、遠い銀河を拡大。

NSF(National Science Foundation/国立科学財団)は、銀河の偶然で、最近宇宙観測所によって観測された整列は。何十億光年離れたところの星を形成する銀河を研究する絶好のチャンスを提示したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

何10年間も、天文学者は、遠くの物に関する拡大像を研究するのにアインシュタイン(Einstein)の「重力レンズ(gravitational lens)」の概念を使用している。

銀河などの巨大物体がちょうど別の物と観察者の間に位置しているとき、lensing効果は起こる。

前部の銀河が非常に大規模であることから、バックグラウンド銀河に関する歪んだ映像を作成して、強い引力はそれの後ろから来る信号を曲げる。

時々、画像が非常にゆがんでいるので、リングかアークとして前面銀河(foreground galaxy)の周りに現れる。

funhouse鏡の中を見るときの結果が起こることと同様に、他の回は、後面銀河(background galaxy)の繰り返された画像である。

しかし、すべての場合で、後面銀河をより明るく、したがって、研究することがより簡単に見え、歪んだ映像は拡大される。

宇宙は何十億の銀河を含んでいるが、「重力レンズ」を生産する偶然の整列を得るのは、干し草の山で針を見つけているようなものになる。

科学者は、ほんのいくつかの可能性を発見して、次に、これらを研究するために大量データを調べなければならないことに加えて、lensing出来事が起こったことを確かめることになる。

カリフォルニア大学アーバイン校の物理と天文学教授(Professor of Physics and Astronomy at University of California in Irvine)アサンタ・クーレイ(Asantha Cooray)は、
「1978年頃以来、天文学者は、出来事をlensingしながら、約200が重力であることがたぶんわかっていますが、それはロットを通した非常に遅い検索と多くのデータにかかわりました。」と言っている。

彼と世界中からの他の何十人もの科学者が、過程をより速くするために最近のプロジェクトで協力して作業した。

Herschel‑ATLAS(Herschel Astrophysical Terahertz Large Area Survey/ハーシェル・アトラス)によって集められたデータを使用して、研究者のチームはおよそ100%の効率で、すぐに、容易に強い重力のlensingの出来事を見つける方法を示した。

Herschel‑ATLASは、2009年5月から、現在の軌道で太陽から遠点の惑星で反対側の地球から約150万km(93万マイル)で始められた、NASAが参加しているESA( European Space Agency/欧州宇宙機関)の重要なミッションである。

ハーシェルの鏡は直径3.5mで、今まで宇宙に打ち上げられた発中で最も大きい天文学鏡で、それは検出する波長でこれまで最も鮮明な写真を撮ることができた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告