2010年11月15日

火星の噴火。

NASAは、元々2007年5月30日に公開され、火星の巨大なシールド火山(shield volcanoes/楯状火山)のうちの1つの端にあった、小さな円錐に集中した画像を公開した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

円錐は何層かの硬い岩を示しているが、それの大部分だけが比較的軟質の材料で作られている。

これは、小さな火山噴火の間に空気に放り込まれた溶岩の部分から成る「燃え殻」円錐の例であるように見える。

一般的に、そのような噴火は、熱した溶岩の泉を作る。

溶岩岩石のゆるい山を作って、溶岩の大部分はこの噴水で冷えたと考えられる。

しかし、噴火の若干の脈が溶岩を冷やさないで落着したように見える。

これらの断片は今日固い層を見させるために溶接するほど熱かった。

円錐の大きさは、約2,300×3,600フィート(は700×1,100m)で、地球で多く見られる噴石丘と類似している。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/University of Arizona

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト