2010年11月15日

火星の噴火。

NASAは、元々2007年5月30日に公開され、火星の巨大なシールド火山(shield volcanoes/楯状火山)のうちの1つの端にあった、小さな円錐に集中した画像を公開した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

円錐は何層かの硬い岩を示しているが、それの大部分だけが比較的軟質の材料で作られている。

これは、小さな火山噴火の間に空気に放り込まれた溶岩の部分から成る「燃え殻」円錐の例であるように見える。

一般的に、そのような噴火は、熱した溶岩の泉を作る。

溶岩岩石のゆるい山を作って、溶岩の大部分はこの噴水で冷えたと考えられる。

しかし、噴火の若干の脈が溶岩を冷やさないで落着したように見える。

これらの断片は今日固い層を見させるために溶接するほど熱かった。

円錐の大きさは、約2,300×3,600フィート(は700×1,100m)で、地球で多く見られる噴石丘と類似している。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/University of Arizona

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト