2010年11月15日

デジタル生物は利他現象のミステリーを解明。

NSF(National Science Foundation/国立科学財団)は、NSFによって支持された研究者は、利他現象(Altruism)の発展に関する理論を調べるために、デジタル発展のテクニックを使用したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

進化生物学の重要な問題の1つは利他主義、または自分の力で別の個人を助ける行為がどう発展したかということである。

一見したところでは、「適者生存」は利己的な個人が実現するのが、最も良いように思えるかもしれない。

しかし、それが適応型でないなら、私たちはそれが自然淘汰の過程で見えなくなると予想するが、利他的行動は多くの種に起こる。

特異遺伝子は厳密に言うと、通常特異的行動を引き起こさないが、行動は遺伝子成分を持って、その結果、引き継ぐことができる。

利他主義の発展(evolution of altruism)のための1つの古典的な説明は、個人にはそれらが愛他的行動(behave altruistically)、また、これらの「利他主義の遺伝子(altruism genes)」を持っている彼らの親類に向かって行動遺伝子があるかもしれないということで、その結果、遺伝子は首尾よく次世代に伝えられる。

しかし、親類は彼らの遺伝子の一部を共有するだけである。

例えば、娘の他の50%が父親から来るので、母親と娘は遺伝子の約50%しか通常共有しない。

兄弟は半分の遺伝子である25%しか平均的に共有しない。

したがって、利他主義が親類だけに向けられるなら、有機体は利他主義の遺伝子を共有しない個人を助けるという危険を冒す。

動物にだれを助けたらよいかを決める別の方法があったなら、どうなるか、総合的な遺伝的類似性を示すことができた物理的に自分たちと非常に同様であった他のものを助けるか、またはた、利他主義の遺伝子を運んだのを示したある種の物理的なマーカーがある有機体を助ける。

ミシガン州立大学の動作発展の研究のためのビーコン・センター(BEACON Center for the Study of Evolution in Action at Michigan State University)は、雑誌「Proceedings of the Royal Society B」で、デジタル発展を使用して、デジタル生物は、どの認識メカニズムが利他的行動の普及に最もよく貢献するかを理解するためにコンピュータの中でそれを発展させた。

有名な生物学者ジョン・メイナード・スミス(John Maynard Smith)がデジタル発展を研究したことについて一度言ったように、
「とても、比較生物学が必要です。今までのところ、私たちは、1個の発生系しか研究できませんでした。そして、星間飛行で、1秒を私たちに提供するのを待つことができません。発生系の周りで一般化を発見したいと思うなら、私たちは人工のものを見なければならないでしょう。」ということでデジタル発展を研究している。

ジェフ・クルーン(Jeff Clune)と、彼の同僚のヘザー・ゴーリドスビー(Heather Goldsby)、チャールズ・オフリア(Charles Ofria)、およびロバート・ペノック(Robert Pennock)によって使用されたソフトウェアは、まさしくそのような人為分類を作成した。
デジタル生物は、生きて、再生して、死んだ。
そして、科学者は人口における発展する特色の力学に関して学ぶために、動作中のこの仮想の発展を観測できたと報告している。

それはまさに、デジタル生物進化学の研究である。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。