gaYa広告

2010年11月15日

2015年までに携帯電話会社の大部分をソーシャル・ネットが支配!

Cellular-Newsは、Airwide Solutionsによって任命された31のグローバルなオペレータのワイヤレス・アナリスト会社mobileSQUAREDによって指導された調査では、オペレータが2015年に彼らが最も人気があるトップ5つのフォームに関するコミュニケーションであると思ったことを選ぶように頼まれた調査で、最も一般的に使用されたフォームに関するコミュニケーションの中にモバイル・ソーシャル・ネットワーキング、SMSメッセージング、および音声のような高度なモバイル・アプリケーションの上昇する重要性が、未来のモバイル消費者でずっといることを明らかにしたと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

94%のオペレータが、ソーシャル・ネットワーキングが2015年までに最も人気があるコミュニケーション・フォームになると答えた。
87%と81%のオペレータは、メッセージングと音声が、コミュニケーションでそれぞれ重要な役割を果たし続ける答え、2015年に最もコミュニケーション使用されたフォームとしてトップ3が残ると予測した。

また、研究調査は、これらのフォームに関するコミュニケーションが上昇するモバイル・インターネット用法に取り替えるよりむしろ、モバイル・ソーシャル・ネットワーキングからの補足となることを明らかにした。

研究調査結果は、モバイル・ソーシャルネットワーキングが将来的に主としてモバイル・インターネット用法における継続する上昇の原因となるだけではないことを示しているが、それはコミュニケーションのコアフォームの1つに登用されると予測している。

明確に、モバイル・インターネットベースのサービスで増加する使用は、既存のオペレータ・ネットワークに圧力を追加する。

また、この傾向の調査結果は、オペレータがトラフィックの増加が、否定的にネットワークへ影響を与えないことを保証することを切望しているのを明らかにした。

未来まで見て、革新、また、携帯電話会社に尋ねられた調査で、彼らが感じたものは、メッセージングにおける革新の事を推進させるために重要な要素になるということであった。

エンターテインメントは、65%のオペレータが、エンターテインメントベースのアプリケーションとサービスがメッセージングの成長のために触媒として働くと信じているという応答を導いた。

エンターテインメントに続いて、36%は教育と財政を引用し、48%の応答者はヘルスケアを選択した。

新興成長市場では、メッセージングでの革新が、モバイル金融サービス、モバイル・ヘルスケア、およびモバイル教育ベースのイニシアチブで最も運用されそうであった。

それはアフリカや中東などのような領域にあり、そこでは、携帯電話は伝達手段だけとして使用されるのではなく、社会変動のための触媒としても使用されている。

さらに、オペレータは、選択方式に関するメッセージングが開発された市場では、エンタープライズ・サービスによって主として動かされ、M2M(machine-to-machin)のメッセージングが起こると言ってる。

76%のオペレータは、エンタープライズ・サービスが重要であるか、または非常に重要になるように感じて、64%は、M2Mメッセージングに、同じくらい重要になると言ったと報告している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。