2010年11月15日

ボーダフォンは、インドの税務争訟で頭金を作るよう命令された。

Cellular-Newsは、インド最高裁判所は、3週間以内に議論されたUS$25億の税金法案の一部を覆うためにRs2,500,000万(US$5億5000万)の頭金を作るようボーダフォン(Vodafone)に命令したと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

さらに、8週間以内にRs8,500,000万(US$19億)の銀行保証を提供するよう命令された。

いよいよボーダフォンと、インド税務署との税務争訟も終わりが見え始めたのか、それともまだ大きな山場が来るのか?

インド税務署は、30日以内にRs11,218,000万(25億ドル)をに支払うようボーダフォンに命令したが、イギリスのボーダフォンは、その計算に「強く、意見を異にする」と言った。

2011年2月5日に税金要求での最終的な上告は開催されることになっている。

また、取引を扱うのに使用される把持実体ボーダフォン「ボーダフォン国際ホールディングスBV(Vodafone International Holdings BV)」がオランダを拠点とするので、オランダ政府は論争にかかわった。

オランダ政府は、和解を求めるために裁判所以外で、インド政府にアプローチするDTAA(India-Netherlands double tax avoidance agreement/インド-オランダに関する条項の租税回避協定)を提示した。

オランダ政府は、インドに同意されていた状態で最終的解決があるまで税金要求の支払いを延期する機会を提供するMAP(Mutual Agreement Procedure)を採用するように考えて欲しいため、MAPで進行中の法的訴訟で平行線に立候補した。

オランダ政府政府まで出てきた!
まだまだ、長引きそうである。

もともと、この事件は香港のハッチンソンが販売したので、ハッチンソンが騙したのかもしれない。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト