gaYa広告

2010年11月15日

インドのReliance Communicationsは、オフロード塔のビジネスに期待!

Cellular-Newsは、インドのReliance Communicationsは、塔の操作ビジネスで株式を販売するためにまだオプションを評価していると確認したが、現在操作上の資本支出の補えるくらいの基金を発生させていると確認したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

Reliance Communicationsは、負債を即座に支払うために塔のビジネスで株式を販売しようとしていたが、インドのGTL Infraに資産を売却する取引は2010年9月に廃棄させられた。

また、Reliance Communicationsは、コア・モバイル・ネットワークのオペレータの26%の株式を売却するために投資家を探している。

「私たちは、提案を評価し続けています。」
「Reliance Infratelに関して私たちは、すべての利害関係者のためにずっと値を見ます。」
「値が正しいところで、私たちは取引を結ぶつもりです。」
「私たちは内部の見越額からの操作上側のすべての資金需要を満たすつもりです。」
「私たちはキャッシュフロー積極的です。」と、投資家への広報活動のヘッドアービンド・ナラング(Arvind Narang)は月曜日に投資家へ呼びかけた。

インドのモバイル・ネットワークが既に、値引き競争を続けていて、会社は、最近、四半期の利益で5番目の連続した低下を掲示した。

Reliance Communicationsは、記録的な急撃成長で、資金が底をついたようだ。

インドのReliance Communicationsは1年前の第2四半期の純益が、Rs740,000万からRs 446,000万(US$1億)に、39.7%の低下したと、2010年11月14日に報告した。

こういうときに、どのように切り抜けるかで将来が決まる。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告