on-the-time.jp

2010年11月03日

イギリス政府機関は、Googleプライバシー法違反と裁定!

ニューヨークタイムズ(New York Times)は2010年11月04日に、イギリスのデータ保護当局は、2010年11月03日水曜日にサービスを写像するStreet Viewが、所有者のものが知らないうちにメールメッセージ、コンピュータパスワード、および他の個人情報を集めたとき、Googleがプライバシー法の「重要な不履行」を遂行したと言ったと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

これまで、米国とイギリスは米国企業に味方してきたが、明らかな証拠が提示され、このような結論になったと言える。

しかし、情報コミュニケーション省は、不注意な誤りを記述したことを繰り返すのを避けるために手を打つという約束を受け入れていて、Googleは何とか罰金を避けたと報告している。

同様の件はドイツ、フランス、イタリア、およびスペインを含む他の多くの欧州諸国でまだ調査されている。

米国では、連邦取引委員会が、先週、Googleがアップグレードをセキュリティ実践に約束した後に、調査を下げたと言った。

イギリス人の情報コミッショナーは、Googleが、従業員をプライバシーの問題に対して、政府機関が9カ月以内にプライバシーとセキュリティ実践の監査を行うのを許容するために、よりよく教育することに同意したと言った。 そして、データを削除するために、それは法律上の義務を条件としている。

もし、GoogleのAndroidやChromeで、セキュリティ修正として、替わりに個人情報を収集していたりして、それが明らかになると、罰金刑になり、断罪されることだろう。

ヨーロッパの場合、1回目は許すこともあるが、2回目は徹底にやられる!

それは、知人の自動車が当て逃げされ、目撃者が現れたとき、犯人の貴婦人が最初は言い訳を行っていたことから、とんでもない重罪になった。

貴婦人は青くなって腰が抜け、ぶるぶる震えていた。

あの時ぐらい怖いと感じたことはなかった。

飲酒運転も、甘いが、事故を起こすとすべてが加算され、逃げ場がなくなる。つまり、信用するが、それを裏切ると徹底的に絞られる。

Googleは、今回最初の1回を逃れたことから、もう次はない。

また、ドイツ、フランス、イタリア、およびスペインに1回目の許しがあるかどうかは不明である。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。