on-the-time.jp

2010年11月03日

ブッシュマンのダイヤモンド・ボイコット。

BBC Newsは、ボツワナ政府は「プロパガンダ」としてボツワナに住むブッシュマン(Basarwa Bushmen)の処理で、国際サ−ベランス(Survival International)でダイヤモンドをボイコットするという要求を廃棄したと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

運動組織は、当局がカラハリ砂漠の彼らの先祖の土地から、ボツワナ政府がダイヤモンドの採掘で、不法に強制的に道をあけさせたと訴えた。

環境相はBBC Newsに、「民族全体を犠牲にして、資金カンパには生存があります。」と言っている。

キツオ・モカイラ(Kitso Mokaila)は、ダイヤモンドが問題ではなく、ボツワナの福祉で問題があると言っている。

国際生存は、新しい解決キャンプで利用可能なサービスが、2002年にボツワナ政府に追い出された前カラハリ・ゲーム・リザーブ(Kalahari Game Reserve)で利用可能であったと言っている。

国際サ−ベランスのディレクターであるスティーブン・コリー(Stephen Corry)はBBCに、
「ボツワナの政府が、彼らを三流の市民のように扱うのを止めて、事実上、彼らに対する一種の新植民地主義者態度であることを止めることになっています。」と言っている。

運動組織は、政府が4年前のブッシュマンがカラハリ・ゲーム・リザーブから不法に追い出されたと裁決した裁判例を無視していたと言い足した。

しかし、ツオ・モカイラは、判断が論争を解決していなくて、裁判官が双方を交渉のテーブルに押し戻したと言った。

彼は、ボツワナ・センターが人権と他の非政府機構のために実現させたこれらの会談が、まだ先へ進んでいたと言った。

そうか〜
文化生活を受け入れさせるためと言って、ブッシュマンをカラハリ砂漠から追い出し、そこに実はダイヤモンドが隠されていた!

ブッシュマンにとって、ダイヤモンドは石ころだった。

ボツワナ(Botswana)のGoogle Earthポインター情報
22°19'42.51"S,24°41'5.52"E
または、
-22.328475, 24.684867

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。