2010年11月03日

ジャーナリストをスパイさせたフランス大統領サルコジを起訴!

イギリスの新聞インディペンデント(The Independent)は2010年11月04日に、個人的に厄介なフランスのジャーナリストを見張るのにセキュリティー・サービスを使用したとして、フランス大統領ニコラス・サルコジ(President Nicolas Sarkozy)を2010年11月03日水曜日に起訴したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

訴えは、エリゼー宮(Elysee Palace)によって退けられた、9月に起こされる注目を集めた訴訟に続き、ここ数週間にフランスで最も名門の新聞社と事件記者の家の一連の強盗は、「全くおかしい」と言っている。

皮肉な週刊誌「Le Canard Enchaine」によると、サルコジ大統領は、定期的に政府を当惑させる記事を書くすべてのジャーナリスト源も調査して、発見するようフランスの国内保安サービス(internal security service)のボスに命令した。

指示された新聞を調査するために、イギリスのMI5とロンドン警視庁公安課を一緒にしたようなDCRI(Division Centrale du Renseignement Interieur)のエージェントのチームが作られた。

週刊誌「Le Canard Enchaine」は、1年前からサルコジのアポイントメントで、忠実な支持者のトップと共に、DCRIのバーナード・スクアリッチ(Bernard Squarcini)が時折「個人的に」介入していたと言った。

大統領と彼の友人を当惑させた調査記事を見たときは、彼はいつも、ジャーナリストを「監視」するように命令した、と新聞は言っている。

DCRIの中のソースは、ル・モンド(Le Monde)によって「反漏出」チームが「国家安全を保護」するために対情報エージェントの中に存在したことが確認された。

週刊誌「Le Canard Enchaine」に関して、異常に大統領に対するクレームを書く記事は、新聞エディタのクロード・アンジェリ(Claude Angeli)によってサインされた。

権力を持つと、ほとんどの人間は、自分への攻撃を異常なほど気にし始め、間違った権力の行使をする。

中にはそれほどの権力でないにもかかわらず、自分が権力者と勘違いし、攻撃するピエロのような滑稽な馬鹿もいる。

そういえば、サルコジ大統領はいつも何かに怯えているようにも感じる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告