2010年10月13日

Condé Nastは、 iPadがモバイル器機ではないと結論づけた。

paidContent.orgは、出版社が押して伸ばし始めたので、iPadのために出版社のCondé Nast appsは、380万以上のダウンロードがあった。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

過去数カ月にわたって、Condé Nast appsは、GQ、Vanity Fair、Wired、およびGlamourアプリケーションの読者について調査していて、一般に、これらのユーザーが出版社が予想した初期採用者でなくて、またアップルのマニア(Apple fanboys)でもないことがわかっていた。

100時間の一対一の面接からの多くのものとappsのそれが過去数週間にわたって指導した5,000以上の調査を収集した。

調査結果の中で、関係者はインタラクティブな広告がしばしばiPhone雑誌アプリケーションで使用されて、指示と共に来る必要がある。また、ナビゲーションの種類に詳しくはなかった。

しかし、スクープはiPadで、そして、iPhoneリーダーは印刷バージョンとの比較ながら、デジタルレプリカと、より多くの時間を過ごすように思えた。

一般に、印刷読者は、毎月問題と約45分を過ごしている。

対照的に、iPhoneとiPadの雑誌アプリケーションを使用している読者が、すべての利用可能なブランドで平均160分を過ごした。

そして、調査でほとんどの人々が、家にiPadを残す傾向があったと言ったので、出版社は、その特定生産品が念頭にある状態で、広告キャンペーンかコンテンツについて工夫するとき、装置がモバイル機器であるとたぶんみなされるべきでないと結論を下した。

iPhoneを所有して、iPadも手に入れた利用者にとって、iPadは大きすぎ、持ち運ぶのにジャマであったと言うことだろう。

とくに旅行にまで漏ってある気体と考えるのは、どこでもノートパソコンを開いて、自慢している人ぐらいだったのだろう。

これは、実に面白い結果であり、今後の開発で重要な結果と言える。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告