2010年10月13日

パソコンと生徒の成績。

Education Weekは、エリザベス・ストック・ライ・フィスマン(Elisabeth Stock Ray Fisman)のコラム「Home Computers and Student Achievement」を公開し、より効果的な家学習環境を支持して、学力達成度を改良するような方法でパソコンを紹介できるか?と聞いてきた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

テキサス教育エージェンシー(Texas Education Agency)によるTechnology Immersion Pilotを通したプログラム評価として、若者のための非営利のグループコンピュータは、パソコンが事実上、より良い学生を育て、テストの成績を改良できることを示した。

数学のための標準偏差で8%の上昇、学生群が調べた半分は数学の統計で16%から20%上昇していた。

統計は重要なものではないが、また、他の群でも利得を示した。

また、研究調査によって、読書と数学を得る学生で、最も強い予測として、彼らが宿題か学習ゲームとして、学校の外で自分達のコンピュータを使用した時間であることが判った。

家庭学習環境の重要性が疑いがないままで残って、この領域での過去の革新は、学生性能のときに動いていなかった。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。