on-the-time.jp

2010年10月13日

イギリスのスタートアップ会社「Internet Eyes」は小売を監視。

Deutsche Welleは、イギリスのスタートアップ会社「Internet Eyes(インターネット目)」は、少額の利用料金でイギリスの小売店舗を監視し、万引き犯を捕らえるサービスとして、監視カメラとインターネット・ユーザーを総動員して始めたと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

ただし、何人かのインターネット専門家は、CCTV監視カメラの普及使用で悪名が高いイギリスで、アウトソーシング取り締まり活動に概念を例えた。

しかし、「Internet Eyes」は、それを警察がするのではなく、Web TVとして配信し、一般市民が参加するという少し捻ったサービスを提供する。

デボン(Devon)にある「Internet Eyes」は、インターネット・ユーザーの万引き犯レポートに報酬を与えるによって、利益を得ることを望んでいる。

報酬は£1,000で、インターネット・プライバシーと人権擁護提唱者は法施行の民営化としてシステムを記述している。

「Internet Eyes」は、2010年10月04日にオンラインで登場した。

創設者は、トニー・モーガン(Tony Morgan)、デビット・スチール(David Steele)ジェームズ・ウッドワード(James Woodward)の3人で、彼らはサイトが、135件以上の事件を報告し、1,000人以上のビューアーを得たと言った。

サイトは、配信を匿名にすることによって、覗き趣味を防ぎ、配信も20分毎に切り換えられる。

ユーザーが不審な行動を報告するとき、店主によって選択された2つの携帯電話の番号にテキストメッセージを送る。

そして、当時カメラで撮影された画像のメッセージはそれのあとに続いて配信される。

活動を報告した直後、彼らが店で逮捕する場所を見ることができないように、ユーザーは新しい配信に自動的に移動する。

「Internet Eyes」は、サービスに加入する店のオーナーに、警備員を雇うよりかなり安い、月額料金£75を請求することによってお金を稼ぐのを計画している。

小売店は3カ月間、、顧客を首尾よく味方に引き入れながら、無料でサービスを利用できるようになっている。

面白いことを考えるな〜

でも、一般ユーザーが偽情報を膨大に送り、店主によって選択された2つの携帯電話を混乱させることも可能で、今後が見物かもしれない。

そして、このサービスが一般化すると街にはCCTV監視カメラが氾濫し、さらに警察も監視し始めることだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。