gaYa広告

2010年10月13日

マイケル・デルは、SECのUS$1億解決の下で改革を進めると約束。

Cellular-Newsは、AP通信からとしてデル社の創設者マイケル・デル(Michael Dell)はパーソナル・コンピュータを安くすることによってPC市場を変革するのに称賛された、技術産業と広く理解できる最も著名な1人である。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

マイケル・デルは米連邦地方裁判所公聴会(U.S. District Court hearing)で、会社のUS$1億解決を承認するかどうか重さがある裁判官に、SEC(Securities and Exchange Commission/証券取引委員会)との民事告訴について話した。

SECは、デル社が5年以上のウォール街目標を達成するために、利益へ空気を入れるのにインテル(Intel)社からの支払いを不適切に使用したと訴えた。

デル社自身は、その解決でUS$400万の罰金を支払うのに同意した。
また、株主に財務情報を明らかための手順をきびしくするのに同意した。

テキサス州ランド・ロック(Round Rock, Texas)に本社があるデル社は、HP(Hewlett-Packard/ヒューレット・パッカード)社と台湾のエイサー(Acer)社に次ぐ、世界の3番目に大きいPCメーカーである。

また、社外コンサルタントを雇って、外部の弁護士による従業員教育と、公開プロセスを改良するのに同意した。

2010年7月に達した解決は、SECによる5年の調査を完結させた。

民事訴訟でSECは、マイケル・デルと他の2人の幹部社員が間違って、デルが2001年から2006年まで収益目標を満たしたか、または凌いだ手段を描いたと言った。

政府機関は、デル社がインテル社からの支払いがなければ各方面で長い間、アナリストの見積りを達成できなかったと言った。

会社とマイケル・デルは、悪行を認めなく、また否定しなかった。
しかし、彼らは、証券取引法の今後の違反を控えるのに同意した。

つまり、これだけ同意したと言うことは、SECが指摘した悪行をおこなってきたと言うことである。
そして今、ちょうどデル社は、安いパーソナル・コンピュータの販売から、新しいモバイル器機の販売へと大きくシフトすべき時期に来ている。

しかし、そこにはもう、インテル社は居ない。

私が最初に、マイケル・デルのことを知ったときは、彼はまだ確か純粋な中学生だった。

米国で会社をやると言うことは、犯罪者になることなのかもしれない。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する外部のサイト