2010年10月13日

フランス大使館で、フランス生まれの人型ロボ「NAO」を公開。

AFPは、都内のフランス大使館で2010年10月13日に、フランスのアルデバラン・ロボティクス(Aldebaran Robotics)社が開発した人型ロボ「NAO」を公開したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

アルデバラン・ロボティクス社のCEOであるブルーノ・メゾニエ(Bruno Maisonnier)は、教育目的のパートナーシップ・プログラムのもと、東京大学(University of Tokyo)の中村仁彦(Yoshihiko Nakamura)教授の研究室に「NAO」を30体を提供することで合意したと報告している。

フランス大使館では、「NAO」のダンスの腕前が披露された。

米国で開発されると、すぐにどんな武器になるかと言うことで検討されるが、フランスは日本と同じで、まず武器という考えではないようだ。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告