2010年10月13日

フランス大使館で、フランス生まれの人型ロボ「NAO」を公開。

AFPは、都内のフランス大使館で2010年10月13日に、フランスのアルデバラン・ロボティクス(Aldebaran Robotics)社が開発した人型ロボ「NAO」を公開したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

アルデバラン・ロボティクス社のCEOであるブルーノ・メゾニエ(Bruno Maisonnier)は、教育目的のパートナーシップ・プログラムのもと、東京大学(University of Tokyo)の中村仁彦(Yoshihiko Nakamura)教授の研究室に「NAO」を30体を提供することで合意したと報告している。

フランス大使館では、「NAO」のダンスの腕前が披露された。

米国で開発されると、すぐにどんな武器になるかと言うことで検討されるが、フランスは日本と同じで、まず武器という考えではないようだ。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告