2010年10月13日

Gap scrapsの新ロゴが、FacebookとTwitterでもの凄い抗議!

イギリスの新聞ガーディアン(Guardian)は、小売業者Gapが消費者からオンライン・バックラッシュに続いて、高価な新しいロゴは着手の何日も後にやむを得ず廃止されたと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

Gapのロゴの新しいバージョンが先週会社のウェブサイトで始められたとき、何千もの批判的なコメントが改進され、アメリカのグループは、むを得ず恥ずかしいUターンをした。

北アメリカのGapブランドの社長マーカ・ハンセン(Marka Hansen)は、「意見の噴出」で、会社が「正しい方法でこれに取り組まなかったこと」を示したと認めた。

大文字で濃紺の正方形に「ギャップ」という言葉を示して、「ギャップ」でオリジナルのGapロゴを文字「p」の上に座る小さい青い正方形をケースに入れる白い正方形に取り替えた。

この変更は公共の抗議をうながし、Facebookで周知のロゴを変更する決定を批判して2,000以上のコメントが噴出した。

抗議でセットアップされたTwitterアカウントは、およそ5,000人の追随者を集めた。

そして、「あなた自身のGapロゴを作ってください(Make your own Gap logo)」というサイトはインターネットでウイルス性になり、およそ1万4000のパロディー・バージョンをうながした。

マーカ・ハンセンは、GapのFacebookページに書かれたコメントを使用し、
「私たちはこの過程で大いに学びました。」
「そして、私たちは、正しい方法でこれに取り組まなかったことが明確です。 私たちは、オンライン共同体と交戦する機会を逃したと認めます。」
「適時これはクラウド・ソーシングのための権利プロジェクトではありませんでした。」と言った。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。