gaYa広告

2010年10月13日

米国国土安全保障省がスパイ機関になり、スパイ機関が米国国土安全保障省?

MSNBCは、AP通信からの情報として、サイバー攻撃に対して国のディフェンスを強化することを目標に、国土安全保障とスパイ機関は、一緒に働くことになったと報告した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

すでに、秘密主義のNSA(National Security Agency/国家安全保障局)のコンピュータ専門家は、サイバー攻撃に対して国防を強化するために、国土安全保障省(Homeland Security Department)と共に取り組みで組んでいる。

2010年10月13日水曜日に公開されたパートナーシップは、人権擁護提唱者で関心を高めた。
その人権擁護提唱者は、米国市民のプライバシー権利に違反しながら安全装置が、スパイ機関と国土安全保障との共同作業が終わらないのを保障することが必要であると言いった。

NSAと国土安全保障職員は、もう片方の政府機関の操作センターが合法的に集めているインテリジェンス情報を共有して、NSAの広い技術的専門知識へ、国土安全保障のより速いアクセスを提供することを助けるように設計され、そこで働いている小さいチームを創設しているともに言った。

米国政府と私設のネットワークはますますハッカーと他のサイバー犯罪者によって攻撃されていることから、共同作業は、米国が政府と個人的なコンピュータ・ネットワークに対して、サイバー攻撃が拡大する脅威に用心することを助けるためである。

職員は、プランが個人権利が保護されるのを保障するために法的、そして、プライバシー専門家による増強された見落としを含むと言った。

しかし、プライバシー職員は、外部のウォッチャーを包含して、密接にはじまったばかりの相互交換を見なければならないと言った。

ワシントンを拠点とする電子プライバシー情報センターの専務マーク・ローテンバーグ(Marc Rotenberg)は、
「国家安全保障局は秘密保持と監視の分野にコンピュータ・セキュリティを伝統的に引き入れしました。」
「監視のためのNSAのツールが、アメリカの一般市民へ完全に向けられないことを保障する必要があります。」と言った。

しかし、現実はこれまでにも無数の違反行為が見つかっている。

お願いだから、米国だけにして欲しい。
ましてや日本に強要するなどと言うことがあっては困る。
ところが、日本には無数の日本国籍米国スパイが、政府機関や行政機関などに出入りしている。

そして、彼らは徒党を組んで一般市民に自分は潔白だと訴えている。

そんな馬鹿なことが、当たり前のように行われ、権威と利権をむさぼっている。

そういえば、世界で米国が嫌いという国が、米国を好きという国を抜いていることを、米国国民は知っているのだろうか?

もしかして、世界中が米国を好いていると勘違いしているのではないだろうか?

それは、一部の薄っぺらな政府機関だけになっている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。