on-the-time.jp

2010年10月13日

チリの鉱山生き埋め救出の生インターネットTV。

BBCは2010年10月12日から、インターネットTVでライブでチリの鉱山生き埋め救出を放送し始めた。

チリ中、いや世界中が最初の救出を目にしようと注目している。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

マヌエル・ゴンザレス・パベス(Manuel Gonzalez Pavez)が、フェニックス・カプセルを救出シャフトで下に向かった後に、地下の現場に達した最初の救助隊員は坑夫であった。

そして、とりあえず、5人の鉱山労働者が救出された。
レポーターは鉱山生き埋めになった33人のチリに住む家族を訪ね、レポートを提供している。

もちろん地下からのライブ映像も送られている。

チリ中がパニックである。

救出されると同時に、用意されたヘリコプターで病院に運ばれている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告