2010年09月14日

いつ、どのようにしてノキアの反撃は始まるのか?!

Moco Newsは、火曜日のロンドンのワールド・サミットで、シンビアン^3を採用した「N8」を公開したが、「N8」に賭けていたノキアの元CEOカルスブオ(Olli-Pekka Kallsvuo)は消え、旧勢力であったノキアの市場幹部EVPであるアンシ・バニジョキ(Anssi Vanjoki)がノキアの世界から放牧され、ラッシュ(Flash)とドリームウィバー(Dreamweaver)の開発者であったマクロメディア(Macromedia)の最高経営責任者であり、2005年にアドビ・システムズ(Adobe Systems)へのその会社の販売を監督し、マイクロソフト(Microsoft)のビジネス事業部で活躍したスティーブン・エロプ(Stephen Elop)を社長兼CEOに雇った

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

つまり、シンビアン^3を採用した「N8」は過去のモノで、ノキアが大躍進するための武器ではなかった。

オペレーティングシステム表面で、近代的なスマートフォンから予想する特徴の多くを含んでいた。
しかし、バッテリー管理がどちらかへの有能な挑戦者であっても、実際は相対的なiOSやAndroidにはおよんでいない。

ノキアの世界から放牧された旧勢力であったノキアの市場幹部EVPであるアンシ・バニジョキは、Nokia Worldの3,000人に向かって、
「何かを打ち明けたいと思う。」
「数人の評論家が、N8の映画の撮影を見て、'最新情報?'と言いました」
「同じ古いシンビアンに似ています。」
「彼らは自分達の電話の第一印象を開発者がフードの下でできることではなく、ウィジェットに基礎づけました。」と言っている。

何百人もの開発者にN8sを配ったが、ジャーナリストにレビューユニットを配っていなかった。
Nokia Worldの会場で4つの新しい受話器を公開したが、立ち遅れを示しただけであった。

ライバルに対するノキアの利点は、グローバルな範囲、素晴らしいキャリヤー関係、およびポートフォリオなど明確で、開発者関係でかなり前進している。

しかし、さらに明確なことは、ノキア自体がそれを表現するように、Nokia Worldの会場で公開した4つの新しい受話器から「反撃」は始まらないと言うことである。

スティーブン・エロプ新社長兼CEOが望むべきことは、シンビアOSのさらに多くの革新に弾みをつけ、急速に進化させること、現状では十分ではないということで、それができないときは、シンビアOSの墓場になる。

そしてその代わりに、ノキアが利用可能に保っているLinuxedベースのOSとして知られる「Meego」に乗り換える。

そのとき、「Meego」に全面期待するか?
「Meego」にシンビアOSを統合させるか?

さらに、ノキアのトーインOEM水域をくつがえし、Androidでもノキア・デバイスを作ることだと言っている。

以前から書いているように、メーカーは、OSを選ぶべきではなく、いるもベストなデバイス、売れるデバイスを開発することだけを考えていることだという結論に達する。

さらに忘れてはいけないこととして、Androidなどを採用するとき、利用するあって、利用されることがあってはいけないと言うことである。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト