2010年09月14日

Twitter追跡者は、多くのブランドについて話していた。

MarketingChartsは、ExactTargetとCoTweetによる新しい研究調査を紹介し、Twitter追随者は、Facebookファンがメールするより多く、ブランドを購入するか、または推薦しそうであったと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「The Collaborative Future(協力的な未来)」の結果は、27%のメール加入者と17%のFacebookファンだけと比べて、37%のTwitter追随者がブランドをより購入しそうであることをを示したと報告した。

それ以上ブランドを購入しそうにないメール加入者の割合は32%で、おもしろいのは、ブランドを購入しそうにないTwitter追随者も同じ割合であった。

メール加入者がブランドを買うことに関して、はるかに高い割合で中立で41%であり、他の中立は34%であった。

最も少ない割合のTwitterファンがブランドをさらに買いそうなようにすることに加えて、Facebookファンは、最も高い割合の49%がブランドをさらに買いそうなようにしていた。

また、Twitter追随者の24%がブランドを推薦し、Facebookファンの21%、メール加入者がより多い33%がブランドを推薦していた。

話しを広めることとなると、Twitterファンの31%より多い割合で、メール加入者の36%がしそうにはなかった。

また、Facebookファンはこの否定的カテゴリで47%を導いた。

メール加入者の96%が毎日、少なくとも1つのブランドに注意し、Facebookユーザーは69%、Twitterユーザーは68%であった。

Twitterは、ブランドまたは協会から将来の製品に関する最新情報を得る願望が38%であった。
32%は会社の活動に関する詳しい情報を得たがっていた。

これらの2つの情報の理由に従って、次の最も高い割合で、Twitterユーザーの31%が、割り引きと販売促進を受け取るために会社を追跡していた。

30%は次の販売の情報を得たがって、そして、28%はクーポンやサンプルなどの「無料のもの」を受けたがっていた。

Facebookユーザーの40%がブランドが割り引きと販売促進が好きであるように、最も高い割合で動機づけられていた。

ほとんど同じ割合39%で、Twitterユーザーはブランドのサポートを示していることによって、動機づけられていた。

しかし、他の人気がある2つの理由として、次の販売で30%が無料の見本、36%がクーポンを手に入れて、最新情報が割り引き/販売促進動機につながっていた。

他の人気があるTwitterユーザーは、34%が会社の活動に関して知識を欲しがり、将来の製品に関して33%、楽しみかエンターテインメントに関して29%が最新情報を得ていた。

Facebookファンと同じ基本的な動機をほとんどが持っていたが、メール加入者は、より高いレートで基本的な動機を持っていた。

67%は割り引きとクーポンを受け取りたがっり、55%は無料のものを受けたがって、そして、50%は販売に関する最新情報が欲しく、そして、45%は製品アップデートが欲しい。

しかし、メール加入者は、1つの主要な識別因子が、会社のサポートを示したがっているはるかにわずかな割合で、11%であった。

これはメールが、より個人的な本質のためであるかもしれないと分析している。

comScoreからの新しいデータによると、Twitterの使用法は2009年に、倍以上に増えた。

2010年6月に、世界中のおよそ9300万人のインターネット・ユーザーが、Twitter.comを訪問した。
これは前年から109%の増加していた。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。