on-the-time.jp

2010年09月14日

米国の新聞社の関連企業グループは保証を広告主に提供。

ニューヨークタイムズ(New York Times)は2010年09月15日に、25の主要な新聞社とNAA(Newspaper Association of America/米国新聞協会)によって所有されているNNN(Newspaper National Network)が、健康と化粧品のような包装品、食物、飲料、および家庭用品を販売するマーケターに、一連の広告で購入者が売上高の10%の増加をもたらさないなら、シリーズにおける最後の広告は無料になるという保証制度を導入すると報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この展開は、「Campbell Soup」「General Mills」「PepsiCo」「Procter & Gamble」のような偉大なマーケターによって販売された8つの包装品ブランドにかかわった2年間のテストの結果から、実施することになった。

新聞ネットワークは、7〜25%の増加で売り上げを獲得したと言い、平均は16%であった。

ただし、申し出には約款がもちろんあり、新聞に新しくて広告主が参入するときは最低US$30万を費やし、3分の1ページ以上の広告を最低3回購入することが条件になる。

新聞ネットワークは、初めは、100の市場で170種類の新聞が利用可能な申し出を5人の広告主に制限した。

そして、申し出は、新聞中に現れる広告ページへのマーケター関心を刺激しようとするために「R.O.P.」である広告、または印刷版だけに適用される。

何10年間も毎週水曜日と毎週木曜日は、大黒柱として包装品の御用商人は日刊新聞で広告を買い、特に広告と共に地元のスーパーマーケットと食料品店から点在しているように見えた食料品のために「最高の食べ物の日(best food day)」として産業で知られている。

しかし、他のタイプのテレビとごく最近インターネットからの中型の立ち向かわれた挑戦と同じくらい、多くの新聞広告と共にそのような広告の販売はかなり低下していた。

しかし、これは思い切った行動である。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。