2010年09月14日

'人食い人種(Cannibal)'の星

NASAが公開した画像で、左の合成画像は地球から約1,000光年離れたところにあるX線とBP Piscium(BP Psc)の光学データで、太陽のさらに発展された未来型バージョンを示していると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

チャンドラX線宇宙天文台(Chandra X-ray Observatory)データは紫色で着色され、そして、リック天文台(Lick Observatory)にある3mのシェーン望遠鏡(Shane telescope)からの光学データはオレンジ、緑色、および青で示されている。

BP Pscの画像はほこりだらけで、ガスのディスクによって囲まれ、長さ数光年のジェットの1組でシステムから爆破させている。

右のクローズアップ画像は、アーティストの印象によって示された。

明快に、細長いジェットが見られ、実際のジェットはたぶんディスクの内側の領域に達するほど、はるかに広いと考えられている。

ほこりだらけのディスクのため、星の表面は光学、近赤外光ではあいまいになっている。

したがって、チャンドラX線宇宙天文台の観測は、この星の最初の波長が検出された。

BP Pscの光学データで明瞭に見ることができたディスクとジェットは、最近、近距離星か巨大惑星を消費し、壊滅的な相互作用に関する証拠を提供している。

BP Pscが核燃料を使い果たして、「赤色巨星」フェーズに拡大したとき、これは起こった。

天文学者は、BP Pscの画像が、ジェットとディスクが非常に若い星の特性であることから、1歳であるかもしれないと考えた。

しかし、新しいチャンドラX線宇宙天文台の結果は、X線源が若い恒星から予想されるよりほのかであるので、この解釈について反対の意見が出された。

以前にBP Pscの可能な若い星に対して使用された別の議論は、それが星を形成するどの雲の近くにも位置していなくて、また他の知られている若い恒星が全くその付近にいないということであった。

チャンドラX線宇宙天文台の画像による、「マルチ-波長」研究で、合成画像によるX線源の大部分が遠方の銀河の中心の急速に成長している超大質量ブラックホールである傾向があることを示しているので、若い恒星のクラスタの不在を支持している。

Credits: X-ray: NASA/CXC/RIT/ J.Kastner et al. Optical: UCO/Lick/STScI/M. Perrin et al. Illustration: CXC/M. Weiss

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。