gaYa広告

2010年09月13日

おかしい匂いがする惑星。

NASAは、2004年にポール・バトラー(R. Paul Butler)とジェフリー・マーシー(Geoffrey Marcy)の率いるカーネギー研究所(Carnegie Institute of Washington)とカリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)の惑星探査チームによって発見された獅子座(constellation Leo)の中の巨大惑星「GJ 436b(Gliese 436 b/グリーゼ436b)」は何かをなくした。そして、その何かが沼ガス(swamp gas)である。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡)Spitzer Space Telescope0を使用することで海王星(Neptune)サイズの惑星を研究している天文学者が驚いたこと、「GJ 436b」には、私たち太陽系の中で多くの惑星に共通の成分メタン(methane)がまったくない。

このアートの概念は、星が陰を部分的に薄れさせた珍しい、そして、無メタンの世界を示している。

惑星大気のモデルは、水素、炭素、および酸素の一般的なミックスで、最大1,000の温度があるどんな世界にも多量のメタンとわずかな量の一酸化炭素があり、1000ケルビン(華氏1,340度)がそうであることを示している。

しかし、約800ケルビン(または、華氏980度)である「GJ 436b」には、それがない。

この調査結果は、太陽系外惑星の多様性と更なる研究の必要性を示していると報告している。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。