on-the-time.jp

2010年09月14日

どうなのジョブス!日本が嫌いになった!?

Cellular-Newsは、Bloomberg Newsからの情報として、Apple社のCEOスティーブ・ジョブス(Steve Jobs)が、大阪に近い関西国際空港(Kansai International Airport)の保安要員ともめ、「日本に二度と来るか!(never to visit Japan again!)」と言ったことを否定したと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この情報は、扶桑社の雑誌「SPA」9月14日発売の2010年9月21日・28日合併号によるレポートで、家族とともに7月、プライベートジェットで来日し、京都観光などを楽しんだとき、帰国時に関西国際空港の保安検査場の、持ち込み検査で手荷物から手裏剣が見つかり、持ち込みが禁止と告げられ、「自分のジェット機でテロを起こすバカがどこにいるんだ!」「こんな国、二度と来るか」と激怒したと書かれている。

夫人も、化粧品の量が持ち込み制限に引っかかったことに腹を立て、化粧水をぶちまけたと書いている。

実は私も先日、成田でシャンプーは専用ビニール袋に入れるように支持され、専用ビニール袋をわざわざ購入して入れたが、持ち込み検査で量が多すぎると言われ、中身を捨てればいいのかと言ったら、それでも駄目だと言われ、つい「馬鹿か?」と言ったことがある。

本当に、ジョブスが「日本に二度と来るか!」と言ったとしても不思議ではない。

ブルームバーグ・ニュースによると、空港のスポークスマンTakeshi Unoは、無名の男性が、刃物を運び込もうとしたので止めたことは認め、彼からそれらを処分するように頼まれたと言ったと確認した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告