2010年09月13日

中国映画産業は、ハリウッドをターゲットにした!

イギリスのガーディアン(Guardian)は、中国はハリウッドの「ソフト・パワー」に匹敵することを目的に、映画インフラストラクチャ開発の炸裂で、記録的な数の映画を造るコースを選んだと言っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

中国のテレビと新聞事業は2009年以来、国によって支持された拡大に続いて、政府は映画生産とその配信で主要な圧力を促進している。

中国政府の協議会は、産業のために映画制作者が銀行融資を確保して、より広い聴衆に連絡することを助ける新指導要綱を発行した。

映画で不法な広範囲の著作権侵害にもかかわらず、DVDは新作映画リリースの数日以内にしばしば発売され、当局は、より多くの聴衆を選別に引きつけるのに映画工事に飛びかかっている。

業界アナリストは、国策と、より広い、好況により、成長の速度が非常に速いので、中国が、主要なベンチマークで米国に追いつき始めることができたと言った。

伝えられるところによれば、2009年に政府は、中国のメディアを強化するために新華社、国営放送局CCTV、および人民日報に£40億(5240億円)を注ぎ込んだと言われている。

これらの機構のすべてが、次に、北京で広く偏っている西洋メディアで強い支持と考えを打ち返すのにそれらの英語コンテンツに飛びかからせた。

北京大学の文化産業研究所(Institute for Cultural Industries at Beijing University)の次長Xiang Yongは、「我が国のソフト・パワーを強化する重要な方法」と国内の映画産業の販売促進を見なしていると言っている。

中国は、国家予算で総攻撃を仕掛けてくる!
最近の低下した質から行くと、ハリウッドもうかうかできないことだろう。

現に東南アジアの音楽番組は、ほとんど軒並み中国、韓国が占領し、若者を虜にしている。

そういえば、北京オリンピックでスピルバーグに協力を要請し、断られ、断固とした攻撃を仕掛けると決めたのかもしれない。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。