gaYa広告

2010年09月14日

ノキアは新しい2種類にのスマートフォンを発表。

Cellular-Newsは、フィンランドのノキア(Nokia)社はシンビアン(Symbian)OSに基づいた新しい2種類にのスマートフォン「ノキアE7(Nokia E7)」「ノキアC7(Nokia C7)」と、シンビアン製品のファミリーを形成するために以前にノキアN8を接合した「ノキアC6(Nokia C6)」を発表したと報告した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

ノキア社の市場副社長(xecutive Vice President, Markets, Nokia)ニクラス・サバンダー(Niklas Savander)は、
「今日、スマートフォン・リーダーシップとの私たちの戦いは、トップギアに移行します。」
「新しい競争にもかかわらず、シンビアンは世界の最も広く使用されたスマートフォン・プラットホームのままで残っています。」
「私たちの今日紹介されているスマートフォンの新しいファミリーは、より速くなるように書き直された。より使用しやすいすべてが新しいシンビアンOSを特徴とします。より有能であり、より多くの開発者が好意的です。」
「消費者の関心レベルとノキア歴史で最も高いオンライン事前注文に基づいて、私たちはノキアN8より大きいものを予想します。」
と言っている。

Microsoft Exchange ActiveSyncを搭載した「ノキアE7」は、法人のEメール・インボックスと他の個人的なアプリケーションへのダイレクトで、リアルタイムに安全なアクセスを提供する。
4インチのタッチスクリーンを装備し、改良された野外での使用と、フル・キーボードのためにノキアClearBlack技術を特徴としている。

推定小売価格は、495ユーロであった。

「ノキアC7」は、3.5インチのAMOLEDディスプレイとステンレス、ガラス、および柔らかいグリーンの組み合わせを特徴としている。

推定小売価格は、335ユーロであった。

「ノキアC6」は、3.2インチのAMOLEDディスプレイで、ステンレスとガラス・デザインにおけるソーシャル・ネットワーキングとモバイル・エンターテインメントで最新の完全なタッチ能力とノキアClearBlack技術を採用している。

推定小売価格は、260ユーロであった。

「ノキアE7」「ノキアC7」「ノキアC6」は、年内出荷になる。

しかし、ノキア社はメーカーであり、OSを限定すること自体がナンセンスで、大手であればあるほど、すべてのOSに挑戦し、それの能力分析と、最適市場に投入すべきと言える。

最初から市場を狭くすることは、間違いである。

とくにこのところの人事問題からして、何がしたいのかを明確にし、攻撃するのにどのOSが良いのかは、そのときになって選択すべきことである。

何のためのノキア研究室なのか?

巨象のエゴは、見苦しい!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告