2010年09月14日

ノキアは新しい2種類にのスマートフォンを発表。

Cellular-Newsは、フィンランドのノキア(Nokia)社はシンビアン(Symbian)OSに基づいた新しい2種類にのスマートフォン「ノキアE7(Nokia E7)」「ノキアC7(Nokia C7)」と、シンビアン製品のファミリーを形成するために以前にノキアN8を接合した「ノキアC6(Nokia C6)」を発表したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ノキア社の市場副社長(xecutive Vice President, Markets, Nokia)ニクラス・サバンダー(Niklas Savander)は、
「今日、スマートフォン・リーダーシップとの私たちの戦いは、トップギアに移行します。」
「新しい競争にもかかわらず、シンビアンは世界の最も広く使用されたスマートフォン・プラットホームのままで残っています。」
「私たちの今日紹介されているスマートフォンの新しいファミリーは、より速くなるように書き直された。より使用しやすいすべてが新しいシンビアンOSを特徴とします。より有能であり、より多くの開発者が好意的です。」
「消費者の関心レベルとノキア歴史で最も高いオンライン事前注文に基づいて、私たちはノキアN8より大きいものを予想します。」
と言っている。

Microsoft Exchange ActiveSyncを搭載した「ノキアE7」は、法人のEメール・インボックスと他の個人的なアプリケーションへのダイレクトで、リアルタイムに安全なアクセスを提供する。
4インチのタッチスクリーンを装備し、改良された野外での使用と、フル・キーボードのためにノキアClearBlack技術を特徴としている。

推定小売価格は、495ユーロであった。

「ノキアC7」は、3.5インチのAMOLEDディスプレイとステンレス、ガラス、および柔らかいグリーンの組み合わせを特徴としている。

推定小売価格は、335ユーロであった。

「ノキアC6」は、3.2インチのAMOLEDディスプレイで、ステンレスとガラス・デザインにおけるソーシャル・ネットワーキングとモバイル・エンターテインメントで最新の完全なタッチ能力とノキアClearBlack技術を採用している。

推定小売価格は、260ユーロであった。

「ノキアE7」「ノキアC7」「ノキアC6」は、年内出荷になる。

しかし、ノキア社はメーカーであり、OSを限定すること自体がナンセンスで、大手であればあるほど、すべてのOSに挑戦し、それの能力分析と、最適市場に投入すべきと言える。

最初から市場を狭くすることは、間違いである。

とくにこのところの人事問題からして、何がしたいのかを明確にし、攻撃するのにどのOSが良いのかは、そのときになって選択すべきことである。

何のためのノキア研究室なのか?

巨象のエゴは、見苦しい!

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告