gaYa広告

2010年09月14日

ベルギーで起こった少年への性的虐待と、教会の謝罪と対応。

ニューヨークタイムズ(New York Times)は、ベルギーのローマカトリック教会が性的虐待の危機に応じた後に、先任の司教は、教会が経済的な補償で、犯罪の洪水へのドアを開けると恐れたので、明確な謝罪をしていなかったと言ったと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

日本でも良くあることだが、謝罪と弁解を織り交ぜ、頭を下げてうやむやのママ終わらせようとしているといっている。

ベルギーのカトリック教教会のアンドレ-ヨーゼフ・レオナルド(André-Joseph Léonard)大司教は月曜日に、乱用の範囲の前述の示現は、教会のランクを通して身震いをして謝罪した。
しかし、彼は犠牲者に完全な謝罪を提供しなかった。

乱用問題でベルギー人の司教を代弁し、また、ブリュッセルで月曜日の記者会見に出席したガイ・ハーピグニー(Guy Harpigny)司教は、それに関して質問され、教会が機会を逃したと言った。

ガイ・ハーピグニー司教はベルギーのRadio1で、
「昨日の記者会見は'自己の過失の肯定'のための逃された機会でした。」
「たぶん、教会はそれ自体に関係があり過ぎました。」
「'自己の過失の肯定'を言うなら、私たちは、道徳的に責任感が強くて、法的に責任感が強いです。そして、次の段階として、人々がお金で解決できるなら、それは新進です。」
「私たちは恐れています。」
「だれが尋ねるでしょうか?」
「犠牲者、法廷で、または他の誰かですか? 」
「それは、私たちがとても慎重である理由です。」と言っている。

月曜日の記者会見でアンドレ-ヨーゼフ・レオナルド大司教は、犠牲者が「認識、和解、および回復」に焦点を合わせるように新しいセンターを設立すると約束した。

しかし、教会からの他の明確な提案の不足は犠牲者の代表から非難を招いた。
その或るものは、補償をうるさく求め、または訴訟を起こしそうであった。

ガイ・ハーピグニー司教は、アンドレ-ヨーゼフ・レオナルド大司教より謹慎に、
「団体として、教会の名にかけて私が犠牲者に許しを求める理由は、1960年代に起こったいろいろなことのためにも、私は、責任があると認めなければなりません。」と、彼は言った。

このコメントに応じて、ベルギーの教会のスポークスマンであるユルゲン・メテペニゲン(Jurgen Mettepenningen)は、アンドレ-ヨーゼフ・レオナルド大司教の声明は「経済的な補償への恐怖(fear of financial compensation)」による禁止はなかったと言い、
「彼は別のアプローチで、自己の過失を肯定している。」
「私たちは、私たちが真実に向きあって行く予定であり、非常に真剣にこの問題を受け止めて、この問題を扱うために最善をつくしていることを非常に明確に示す必要があります。」と言った。

先週の金曜日に、過去10年間の日付を入れて性的虐待の犠牲者から痛ましい証言を含んだ200ページのレポートを発表した。

それには、1人の犠牲者が2歳から虐待され、13人が自殺したことを明らかにした。

またガイ・ハーピグニー司教は、バチカン市国が、少年を性的に虐待したことを認め、後で彼の甥であることが明らかにし、4月に辞職したブルージュの元司教ロジャー・バンゲルーベ(Roger Vangheluwe)の未来について決定をすると言った。

しかし、元司教は聖職者のままで残っていて、そして、バチカン市国はその状態を何も解決しないまま、単に取り除くことができるといっている。

以前から、教会というオープンなようで、現実は閉ざされた不思議な空間でのセックス事件は、何度も大きな問題になってきた。

それと同様のことは、日本の寺や大学などでも起こっている。
完全な犯罪者を、組織として庇ってきた。

中には、一つの行動から発する責任を取らないまま逃げ出す人も多い。

そのような人を断罪できない組織は、完全に芯まで腐っているといえる。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。