on-the-time.jp

2010年09月14日

ボブ・マーレイの遺族は著作権の戦いで負けた。

人物

BBC Newsは、ボブ・マーレイ(Bob Marley/Robert Nesta Marley/ロバート・ネスタ・マーレイ/1945 - 1981)の最もよく知られている録音のいくつかで、版権を獲得する歌手の家族による試みは、ニューヨークで裁判官によって阻まれたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

デニーズ・コート裁判官(Judge Denise Cote)は、UMG(Universal Music Group)が故スターのボブ・マーレイが1973年から1977年の間にアイランド・レコード(Island Records)のために記録した5種類のアルバムに関する著作権を所有していると裁決した。

ボブ・マーレイの未亡人と子供は、彼の録音を「利用する」UMGの申し立てられた試みのために損害賠償を求めていた。

ボブ・マーレイ(ロバート・ネスタ・マーレイ)は、1945年にジャマイカで生まれ、1981年に36歳で癌により米国で死去した。

問題になっているアルバム「Catch a Fire, Burnin'/1973」「Natty Dread/1975」「Rastaman Vibrations/1976」「Exodus/1977」はバンド「The Wailers」によってレコーディングされている。

この中には、もっとも知られている「I Shot the Sheriff」「One Love」「No Woman」「No Cry」が含まれている。

マーレイの家族はUMGが、Fifty-Six Hope Road Music社からの著作権料を差し控えたので、UMGを起訴した。

また、彼らは、UMGが着信音におけるそれらの中でマーレイの音楽の使用で、認可を決定をするキーに関して、それらと相談していなかったと主張した。

しかし、デニーズ・コート裁判官は金曜日に、マーレイの録音が米国で定義される著作権法で、「作品賃貸(works made for hire)」に相当すると裁決した。

彼女は、これがアイランドレコードの親会社として、UMGにそれらの録音の所有者として指定される権利を与えたと言った。

つまり、著作権は申請しなくても発生し、もともとその家族などの保護を目的としているが、このような場合は家族などを保護しないで、利権主義者が権利を主張できると言うことになる。

私の大好きなボブ・マーレイの家族は、どうなるのか?

遺族も守れない著作権に意味があるのか?

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告