gaYa広告

2010年09月14日

ボブ・マーレイの遺族は著作権の戦いで負けた。

人物

BBC Newsは、ボブ・マーレイ(Bob Marley/Robert Nesta Marley/ロバート・ネスタ・マーレイ/1945 - 1981)の最もよく知られている録音のいくつかで、版権を獲得する歌手の家族による試みは、ニューヨークで裁判官によって阻まれたと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

デニーズ・コート裁判官(Judge Denise Cote)は、UMG(Universal Music Group)が故スターのボブ・マーレイが1973年から1977年の間にアイランド・レコード(Island Records)のために記録した5種類のアルバムに関する著作権を所有していると裁決した。

ボブ・マーレイの未亡人と子供は、彼の録音を「利用する」UMGの申し立てられた試みのために損害賠償を求めていた。

ボブ・マーレイ(ロバート・ネスタ・マーレイ)は、1945年にジャマイカで生まれ、1981年に36歳で癌により米国で死去した。

問題になっているアルバム「Catch a Fire, Burnin'/1973」「Natty Dread/1975」「Rastaman Vibrations/1976」「Exodus/1977」はバンド「The Wailers」によってレコーディングされている。

この中には、もっとも知られている「I Shot the Sheriff」「One Love」「No Woman」「No Cry」が含まれている。

マーレイの家族はUMGが、Fifty-Six Hope Road Music社からの著作権料を差し控えたので、UMGを起訴した。

また、彼らは、UMGが着信音におけるそれらの中でマーレイの音楽の使用で、認可を決定をするキーに関して、それらと相談していなかったと主張した。

しかし、デニーズ・コート裁判官は金曜日に、マーレイの録音が米国で定義される著作権法で、「作品賃貸(works made for hire)」に相当すると裁決した。

彼女は、これがアイランドレコードの親会社として、UMGにそれらの録音の所有者として指定される権利を与えたと言った。

つまり、著作権は申請しなくても発生し、もともとその家族などの保護を目的としているが、このような場合は家族などを保護しないで、利権主義者が権利を主張できると言うことになる。

私の大好きなボブ・マーレイの家族は、どうなるのか?

遺族も守れない著作権に意味があるのか?

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。