gaYa広告

2010年09月13日

チップ・メーカーはコンテンツにシフトする。

Cellular-Newsは、インテルの最高経営責任者ポール・オテリニ(Paul Otellini)が例年の開発者会議「IDF(Intel Developer Forum)」で月曜日に、半導体産業は、人々がコンテンツをシームレスに彼らのデバイスへ移動することを助けるために作成されたわけではなかったと言ったと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

インターネットに接続された50億台のデバイスがあるので、その能力は重要になる。
そして、その数はさらに上昇すると言った。

例えば、消費者はますます映画かテレビ番組をスマートフォンで見始めて、家庭でパーソナル・コンピュータかテレビでそれを終える技術を、要求していると言っている。

技術者が新しいインターネットで接続されたデバイスのためにチップを開発するとき、産業は、それらの挑戦について調査している。

ポール・オテリニは、インテルの取り組みをそれらのデバイスにプロセッサを入れるために焦点を合わせた。

また、インテルの2011年にコンピュータに現れ始めるチップの新しい系列の特徴を発表した。

特徴の1つは、コンピュータで一般にタスクを扱うプロセッサと同じシリコンに、これまでは、別々のチップであったグラフィックス・プロセッサを搭載させる。

イメージでわざわざは切れ変えられ、グラフィックス・プロセッサとメモリの間でボトルネックを発生させていたことから、2台のプロセッサを組み立てる。

新しいこのプロセッサは、コード名「Sandy Bridge(砂地の橋)」と付けられたが、インテルのCoreの商標を付けて販売すると言われている。

砂地の橋は崩れやすい!

しかし、インテルのチップは利益率がどんどん落ちているパソコンで売れているが、携帯電話ではまったく売れていない。

ノートブック、デスクトップのチップ以外で、携帯電話のホームランが打てないと、マイクロソフトと同じ道で苦しむことになる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告