on-the-time.jp

2010年09月13日

チップ・メーカーはコンテンツにシフトする。

Cellular-Newsは、インテルの最高経営責任者ポール・オテリニ(Paul Otellini)が例年の開発者会議「IDF(Intel Developer Forum)」で月曜日に、半導体産業は、人々がコンテンツをシームレスに彼らのデバイスへ移動することを助けるために作成されたわけではなかったと言ったと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

インターネットに接続された50億台のデバイスがあるので、その能力は重要になる。
そして、その数はさらに上昇すると言った。

例えば、消費者はますます映画かテレビ番組をスマートフォンで見始めて、家庭でパーソナル・コンピュータかテレビでそれを終える技術を、要求していると言っている。

技術者が新しいインターネットで接続されたデバイスのためにチップを開発するとき、産業は、それらの挑戦について調査している。

ポール・オテリニは、インテルの取り組みをそれらのデバイスにプロセッサを入れるために焦点を合わせた。

また、インテルの2011年にコンピュータに現れ始めるチップの新しい系列の特徴を発表した。

特徴の1つは、コンピュータで一般にタスクを扱うプロセッサと同じシリコンに、これまでは、別々のチップであったグラフィックス・プロセッサを搭載させる。

イメージでわざわざは切れ変えられ、グラフィックス・プロセッサとメモリの間でボトルネックを発生させていたことから、2台のプロセッサを組み立てる。

新しいこのプロセッサは、コード名「Sandy Bridge(砂地の橋)」と付けられたが、インテルのCoreの商標を付けて販売すると言われている。

砂地の橋は崩れやすい!

しかし、インテルのチップは利益率がどんどん落ちているパソコンで売れているが、携帯電話ではまったく売れていない。

ノートブック、デスクトップのチップ以外で、携帯電話のホームランが打てないと、マイクロソフトと同じ道で苦しむことになる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。