gaYa広告

2010年09月13日

2010年8月のモバイル電話販売トップ 10。Apple社のiPhoneが転落した!

Cellular-Newsは、スウェーデンの携帯電子機器のためのキャリングケース・メーカー「Krusell」が「The Top-10 Selling Mobile Phones for August 2010(2010年8月のモバイル電話販売トップ10)」を発表し、Apple社のiPhoneが転落し、iPadが消えた!と報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この調査結果が、もっとも企業に偏らないとして多くが採用している。

つまり、2010年8月にKrusellに注文があった携帯電話とスマートフォン・キャリアー・ケースの数から統計が出され、それぞれの思惑がらみのメーカー発表ではない。

Krusellは携帯電話とスマートフォン・キャリアー・ケースを6大陸の50カ国以上で販売している。

1. (2) Nokia 3720 Classic
2. (-) Samsung I9000 Galaxy S
3. (4) HTC HD2
4. (1) Apple iPhone 4
5. (10) Apple iPhone 3G
6. (9) Nokia 6700 Classic
7. (-) Nokia C5
8. (7) Samsung S8500 Wave
9. (-) Nokia E52
10. (8) HTC Desire

() = 2010年7月の順位

Krusellの最高責任者ウルフ・サンドベルグ(Ulf Sandberg)は、

「一方で、私たちみんながスマートフォンに関して話しても、ノキアのような、より少ない特徴がある携帯電話「Nokia 3720 Classic」でより多くのボリュームがまだあります。」と言っている。

先進国だけでスマートフォンが大きな話題になり、先進国のメディアが騒ぐと世界中が同じだと感じるが、現実はまったく違っている。

それに似たことを日本のガラパゴス現象、米国のシリコンバレー・ガラパゴス現象と呼んでいるが、マスコミの情報を鵜呑みにし、世界現象と勘違いすると痛い目に遭うことになる。

今回のチャートで注目されるのは、Apple iPhone 4が1位から一気に4位に落ち、先月話題になり、3位に突然登場したApple iPadが消え、サムソンのGalaxy S突然2位で登場したことである。

ウルフ・サンドベルグは、「私たちが現在クリスマスがより近くなっているとき、どんな携帯電話が今年サンタのお気に入りになるかに関して、10月のリストで私たちにはかなり良い予測があるつもりでます。」と言っている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告