gaYa広告

2010年09月13日

ベネズエラで飛行機事故!3分の2が生存!

CNNは、月曜日の朝にベネズエラの南東部ボリヴァール(Bolivar)州で航空機事故が発生し、51人の搭乗者のうち、15人の死亡が確認され、36人が生存していると報告した。

大きければ、早ければ合理的という考えが、完全に過去のことであることを証明した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

ジャンボ機などは、米国的な発想で、スペースシャトルと同様に発想からして失敗であった。

ボリヴァール州知事のフランシスコ・ランゲル・ゴメス(state of Bolivar, Gov. Francisco Rangel Gomez)は、生存者の多くがGuayanaの都市の病院に運ばれたと言った。

Hospital Uyapar(ハヤパー病院)の院長ヤニッツア・ロドリゲス(Yanitza Rodriguez)は、2人の犠牲者が病院で死んだと言った。

フランシスコ・ランゲル・ゴメスは、3日間の悲しみを宣言し、とても多くの人々が生き残ったことを「奇跡」と呼び、「いくつかの問題で、それらだけ多くが生きているということであり、神に感謝する」と言った。

当局は6人の故人以外は、特定したと言い、皆が特定されるまで犠牲者の名前が差し控えると言った。

この航空機は国有のカンビウアサ航空(Conviasa airline)の所有で、ベストウエスタン(Best Western)ホテルの係員イワン・マラデイ(Ivan Maradey)は、彼が地面に爆発する前にいくつかの送電線に飛行機引っかかり、転倒するのを見たと言った。

フランシスコ・ランゲル・ゴメスは、航空機はフランスとイタリアで作られた「ATR42」で、ツイン・ターボプロップの近距離飛行機で、イスラ・マルガリイタ(Isla Margarita/マルガリイタ島)からガヤナ(Guayana)に向かった第2350便であったと言っている。

パイロットのラミオ・カルデナス(Ramiro Cardenas)で、事故原因は、調査中のまま放置しないと言った。

イスラ・マルガリイタ(Isla Margarita/マルガリイタ島)のGoogle Earthポインター情報
10°59'49.46"N,63°54'40.79"W
または、
10.997072, -63.911331

ガヤナ(Guayana)のGoogle Earthポインター情報
10°35'27.63"N,62°55'40.61"W
または、
10.591008, -62.927947

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。