gaYa広告

2010年09月13日

ノキア社人事で、再度大激震!ノキアのベテランを放出!

paidContentsは、旧勢力であったノキアの市場幹部EVPであるアンシ・バニジョキ(Anssi Vanjoki)がノキアの世界から放牧され、6カ月の通知機関で年末までに辞職することになったと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

アンシ・バニジョキは、「私は、時が私の人生で新しい機会を求めるようになったのを感じました。」と言っている。

1991年からノキアと共にあり、ヨーロッパとアフリカにこれほど深く、ノキアが浸透した貢献者である。
とくにマルチメディアのEVPであり、GMであった。

しかし、ノキア社はアンシ・バニジョキの19年間の働きに感謝し、もっとも簡潔な発表になった。

これも新しいCEOスティーブン・エロップが決定したかどうかは明らかにされていないが、アンシ・バニジョキは内部でのCEO筆頭候補であった。
チェアーマンのヨルマ・オリラ(Jorma Ollila)は、金曜日にジャーナリストに向けて、

「現在は、会社の成功を追い立てるためにわずかに異なった技能と強さで新しい経営幹部のリーダーシップを持つ正しい時間です」と言っている。

古い考え、固執を完全に排除し、新しい世界に向かう時期に来た。

前任者オリ-ペッカ・カラスボ(Olli-Pekka Kallasvuo)は、すべてのイベントから消されたが、アンシ・バニジョキはまだNokia World 2010のイベントWebサイトに記載されたままになっている。

ノキアの世界はシンビアン3を基本にしてきたが、スマートフォンの反撃で、事実上ノキアはすべて泊しかもしれないと言っている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告