on-the-time.jp

2010年09月09日

マイクロソフトはRIMを買うべきか?

Cellular-Newsは、Stockhouseがカナダの恋人RIMを買収するように提案されるかもしれないと言ったと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

Stockhouseは、多くのM&Aが技術部門で起こっていて、カナダにとってのショックだが、多くはノーテル(Nortel)の悪趣味を洗い落とすのを助けるために、マイクロソフト社(Microsoft Corp.)がRIM社(Research in Motion Ltd.)を獲得するかどうか調査するべきであると言っている。

マイクロソフト社にとっては、モバイル世界へのゲーム切換器であるかもしれないと言っている。

まず最初に、ここ数カ月のRIMの株価動向を見ると実勢価格はUS$44.31で、市場キャップを会社に与えてUS$244億8000万になる。

ほとんど恐ろしい下降傾向を示していた。

プライバシー上で外国政府との収益と現在の不一致を受けると共に、RIMは、ブランド位置を変える必要がある段階にきている。そして、製品ラインは縮まり、中核業務に焦点を合わせるリターンを起さなければならなくなっている。

マイクロソフト社の株価は6月30日の年次報告書に従えば、約US$367億9000万の現金、現預金、および短期的な証券をつかむ。

それらの流動資産は当座負債より約US$295億3000万多い。

つまり、余裕でマイクロソフト社はM&AでRIMを手に入れられる。

MSFTが欠いている1つのものが、携帯電話の市場の強い立場である。

その結果、相乗作用はMSFTがこの取引をしなければならないと言っている。
AppleとGoogleのAndroidプラットホームはスマートフォンで重要な利得を産業に獲得している。

競合品を消費者部門に供給することとなると、マイクロソフト社とRIMは産業でのろまで、この取引の本当の機会は法人部門の完全な優位を獲得すると予測している。

Windowsは、それでも実業界で使用される優位なオペレーティングシステムで、Blackberryは、それでも実業界で使用される優位なスマートフォンとして当分の間おそらく残ると言っている。

みんな好きなことを提案し、混乱させ始めている。

しかし、この噂は2月頃からささやき始められている。
さらに、マイクロソフト社がノキアを買収するという噂もある。

しかし、焦ることはない!
多くがタブレットにWindowsを乗せてくる時代は近い!

iPadで何ができるか?
あれでOfficeが動いたら---Blackberryがおもちゃに見える。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告