2010年09月05日

世界の携帯電話事業者トップ10。

Cellular-Newsは、Analysys Masonが公開した世界の携帯電話事業者トップ10を紹介した。
それは2008年に地位を保有したことを明らかにした。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

レポートによると、世界的なテレコム市場は、2009年にUS$1兆8,000億の収入を生成した。2008年との比較で、1%の増加であった。

収入によるトップ10は、
1. AT&T (USA)
2. NTT (Japan)
3. Verizon (USA)
4. Deutsche Telekom (Germany)
5. Telefónica (Spain)
6. Vodafone (UK)
7. China Mobile (China)
8. France Telecom (France)
9. Telecom Italia (Italy)
10. KDDI (Japan)
であった。

このトップ10リストは、彼らの収益に従ってオペレータが税金、減価償却費(EBITDA)マージンなどで、ランキングすると、

1. China Mobile
2. Telefónica
3. Telecom Italia
4. AT&T
5. Vodafone
6. France Telecom
7. NTT
8. Deutsche Telekom
9. Verizon
10. KDDI
と大きく変わってくる。

さてさて、どちらのトップ10を信じるか?
レポートの取り方で、これほど大きくランキングが変わってくるし、それは未来まで見えてくる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。