gaYa広告

2010年09月05日

Moto2のライダー富沢祥也がレース中の事故で死亡!

BBC Newsは、アドリア海の海岸にあるMisanoサーキット(Misano circuit)で行われたオートバイの世界選手権今季第12戦「サンマリノ・グランプリ(San Marino Grand Prix)」モト2(Moto2)クラス決勝で、イタリアのAlex de AngelisからTechnomag-CIPのバイクで参戦していた19歳であった日本の富沢祥也(Tomizawa Shoya)選手が15ラップを終えたコーナー付近で転倒し、後続のデ・アンジェリス(De Angelis)とスコット・レディング(Scott Redding)の2台にはねられて、頭部と胸部、腹部に重大な外傷を受け、リッチョーネ病院(Riccione Hospital)に搬送されたが、病院で死亡したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2人は、富沢祥也選手を避けることはできなかったと言っている。
レースはそのまま継続され、富沢祥也選手の死亡は、レースが終わった後に他の選手に知らされた。

デ・アンジェリスは「今までの私のキャリアで最も悪い事件」として事故を記述した。
「私は、祥也が正面に落ちるのを見ました。」
「 私は、彼を避けて、代わりに彼のモーターバイクを打つために、できたすべてを試みました。」
「本当に、何が祥也に起こったかに関して私は荒らします。」
「私は彼の家族に近い。そして、彼らは皆、彼を大いに愛していました。」
と言っている。

デ・アンジェリスは道路で医療を受け取って、病院には運ばれなかった。

MotoGPレースに勝ったダニ・ペドローサ(Dani Pedrosa)はBBC Sportに、
「私はここに大きな穴があき、すべてが空です。」
「私はとても奇妙であると感じます。」と言っている。

そして、MotoGPチャンピオンのヴァレンチノ・ロッシィ(Valentino Rossi)は、彼がテレビで「恐ろしかった」クラッシュを見たと述べた。

富沢祥也選手は、彼にとって2番目の季節で、MotoGP世界選手権では、Moto2カタール・グランプリで優勝した。それは、新しい季節を開きました。
彼は総合的な順位表で7位であった。

2010年8月29日のインディアナポリスMotoGPの前のウオーミングアップで、13歳のピーター・レンツ(Peter Lenz)
も事故で死亡している。

日本人では、2003年に鈴鹿サーキットで加藤大治郎(Daijiro Kato)選手が事故死している。

Misanoサーキット(Misano World circuit)のGoogle Earthポインター情報
43°57'41.00"N,12°40'60.00"E
または、
43.961389, 12.683333

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。