on-the-time.jp

2010年09月05日

グアテマラで豪雨、バスが土砂崩れに巻き込まれ、18人死亡。

日本は何日も雨が降らないが、BBC Newsはグアテマラでは何日も豪雨が続き、広範囲の氾濫と地滑りをもたらし、非常事態が宣言されたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

バスが土砂崩れによって巻き込まれ、10人が死亡し、全体で少なくとも18人が死亡した。

アルバロ・コロム大統領(President Alvaro Colom)は、5月の豪雨「アガサ熱帯嵐(Tropical Storm Agatha)」では165人が死亡し、嵐が終わるまですべての改築工事を元に戻したと言った。

大統領は、再建のために非常準備金を承認するように議会に頼んだ。

何日もの大雨はグアテマラの山岳地帯を飽和状態にし、山腹が突然、いきなり崩れ、何人もが生き埋めになった。

首都グアテマラ市の西にある主要道路インターアメリカン高速道路上を移動していたバスが、最もひどい地滑りで埋まってしまった。

Quetzaltenangoの西領域では、家が土砂崩れによって握りつぶされ、4人の家族が死亡した。

インターアメリカン高速道路は、100km以上に渡ってすべての交通が止められた。
他の多くの道路も崩れ、妨げられた。

「アガサ熱帯嵐」で流され、再建された橋は再度流された。

アルバロ・コロム大統領は、降雨が「ここ数週間で行われたすべての仕事を破壊して、US$5億以上の損害をもたらした。」と言った。

大統領は、再建に資金を供給するのを助けるために特別税を提案すると言った。

グアテマラの国営気象サービスは、降雨がさらに48時間続くと予測した。

首都グアテマラ市のGoogle Earthポインター情報
14°36'48.00"N,90°32'7.00"W
または、
14.613333, -90.535278

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。