on-the-time.jp

2010年07月30日

Twitterを使うロボットは、今秋に宇宙に旅立つ!

NASAは、NASAのロボット「Robonaut2」には発言権はないが、140以下のキャラクタで話しをする準備ができていると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

このプロトタイプ・ロボット「Robonaut2」は、今秋に人間とロボットの相互作用を理解するため、宇宙に送り出される。

「Robonaut2」は「R2」とも呼ばれ、今度の任務で新しいTwitterアカウント「@AstroRobonaut」から、サポートチームの助けでアップデート情報を送り始めた。

「R2」は打ち上げから結果まで、ISS(International Space Station国際宇宙ステーション)の仕事の準備を記録することになる。
「R2」とそのチームは今週、「Hello World! My name is Robonaut 2 -- R2 for short, Follow my adventures here as I prepare for space!」と最初のtweetを送った。

レポーターは、R2の動作中のデモンストレーション見るため、2010年8月4日中部夏時間午後1時にヒューストンのNASAジョンソン・スペースセンター(NASA's Johnson Space Center in Houston)に招待されている。

レポーターはそこで、「R2」をステーションに届けるスペースシャトルのSTS-133乗組員メンバーと「R2」を作成した技術者と話すことができる。

「Robonaut2」は、2007年に始まったNASAとGM(General Motors/ゼネラル・モーターズ)の共同事業を通して作成された。

「R2」を元々、地球でのプロトタイプを意図したが、技術者が微小重力でどう作動するかを見るために、宇宙のディスカバリーの貨物室にロボットを送ることになった。

「R2」は既に現存する中で最も高度で器用な人型ロボットとNASAは自負している。

宇宙ステーションの軌道に乗るアメリカで組立てられた最初の人型ロボットになる。

時間がたつにつれて、クリエイターが宇宙で「R2」の操作について学ぶことで、人間には危険過ぎるステーションの外での宇宙飛行士が行ってきた定型業務を補助できるようにアップグレードし、変更をすることが考えられている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告