gaYa広告

2010年07月30日

グローバルな受話器出荷は、第2四半期に3億800万個ユニットに達した。

電子ブック

Cellular-Newsは、Strategy Analyticsからの最新の研究調査によると、グローバルなモバイル端末出荷は、第2四半期に3億800万個ユニットに達し、前年比13%増になった。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

トップ5のブランドの中で、QWERTYフォンとタッチフォンでRIMとサムソンは主要なライバルより大きくなっていた。

Strategy Analyticsのシニア・アナリストであるボニー・ジョイ(Bonny Joy)は、
「グローバルなモバイル端末出荷は2009年第2四半期の2億7300万ユニットから、2010年第2四半期までに3億800万ユニットに達した。」

「市場は2010年第2四半期で前年比13%になり、その前の2回の四半期が記録した平均17%より成長率は遅くなっているが、2009年第2四半期に不況を記録した-8%より、かなり良いです。」と言っている。

Strategy Analyticsのディレクターであるニール・モーストン(Neil Mawston)は、
「グローバルな受話器ボリュームは、2010年第2四半期に少し遅くしました。」
「受話器産業にはまだどんな主要なダブルディップ下降の確かなサインもありませんが、それは、もちろん総合的な経済状態が再び来たる数カ月北アメリカ、西欧、およびアジアの主要な市場で悪化するかどうかで急速に変えるかもしれません。」と言い足した。

ニール・モーストンは、何か不安材料を感じているのかもしれない。

実は、私もうすうすだが、大きな不安材料を感じ始めている。

RIMとサムソンが、QWERTYフォンとタッチフォンで体力を要している需要のため、体力を要している需要のため、トップ5の主要なライバルより彼らは大きくなっていた点である。

サムソンは、グローバルなシェアで21%拡大したが、RIMは4%のシェアがある第4ポジションを維持した。

サムソンは、LGとノキアにより近づく前に、斜めに進み続けている。

モトローラ(Motorola)とソニーエリクソン(Sony Ericsson)は、彼らが自分達のAndroidポートフォリオに飛びかかったとき、それらの安定した変換をスマートフォン専門に続けていた。

スマートフォンは、現在モトローラの総受話器出荷の3分の1になり、そして、これらの高値のデバイスは会社の財政的な見通しを安定させるのを助けている。

アップル(Apple)は、2009年第2四半期の520万ユニットから2010年第2四半期に840万個のiPhonesを出荷し、61%上昇した。

グローバルな市場シェアでは、2009年第2四半期の2%から、2010年第2四半期に3%までにじり寄ってきた。

しかし、製品と生産方法に関する批評が上がったとき、アップルは、2010年第2四半期は混乱状態を過した。

ここに来て、そろそろスマートフォン市場で大きな変動が起こる匂いがしはじめている。

そのもっとも大きな原因は、高値のスマートフォン市場が終焉を向かえ、価格競争の時代を完全に迎え始めたと言うことである。

それはスマートフォンだけではなく、AmazonのKindleまで含めた広範囲で起こり始めたと言うことである。

それと同時に、価格競争の努力をしても、スマートフォンが伸び悩む可能性も出始めている。
例えば、インドでは音声通話が主体で、データ通信にそれほど関心をしてしていないと言うことである。

つまり、Androidベースの携帯電話市場の先行きが、iPhoneへの挑戦かのままでは、明るくないと言うことである。

その傾向は2010年の2月にバルセロナで開催された携帯電話会議で、すでに多くが指摘していた。

それに気が付かなかったメーカーがあったと言うことである。

そしてすぐに、「Symbian OS」「Windows Mobile」「Android」「OS X」「BlackBerry OS」「Palm OS」「Web OS」「LiMo」の競い合いで、結論が出始めた。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト