gaYa広告

2010年07月18日

家庭をより安全な場所にする新技術。

NASAは、NASAのラングレイ研究センター(Langley Research Center)で発明された装置のおかげで、いたる所のマイホーム所有者は1日中、死につながる有害な一酸化炭素(deadly carbon monoxide fumes)から保護されるかもしれない。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

NASAのラングレイ研究センターがで発明された装置は、新しい種類の低温酸化触媒(low-temperature oxidation catalysts)を使用して、死につながる有害な一酸化炭素(carbon monoxide)を室温で無毒の二酸化炭素(non-toxic carbon dioxide)に変換し、空気からホルムアルデヒドを取り除くことが、可能になった。

この低温酸化触媒は、最初に二酸化炭素レーザーにかかわる調査のために開発された。

将来は、各家庭のエアコンディショナーや空気清浄機などに採用されることだろう。
最後の問題は、価格かも知れない。

Image Credit: NASA

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト