gaYa広告

2010年07月18日

家庭をより安全な場所にする新技術。

NASAは、NASAのラングレイ研究センター(Langley Research Center)で発明された装置のおかげで、いたる所のマイホーム所有者は1日中、死につながる有害な一酸化炭素(deadly carbon monoxide fumes)から保護されるかもしれない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

NASAのラングレイ研究センターがで発明された装置は、新しい種類の低温酸化触媒(low-temperature oxidation catalysts)を使用して、死につながる有害な一酸化炭素(carbon monoxide)を室温で無毒の二酸化炭素(non-toxic carbon dioxide)に変換し、空気からホルムアルデヒドを取り除くことが、可能になった。

この低温酸化触媒は、最初に二酸化炭素レーザーにかかわる調査のために開発された。

将来は、各家庭のエアコンディショナーや空気清浄機などに採用されることだろう。
最後の問題は、価格かも知れない。

Image Credit: NASA

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト