2010年07月18日

インドのエッサー・グループは、独立事業化を狙っている!

Cellular-Newsは、Bloomberg Business Week Newsからの情報として、インドを拠点とする鉄鋼・石油・通信・電力・建設・海運、電力・建設・海運・アウトソーシング・化学・鉱物・農業・小売などの分野にも進出しているコングロマリットのエッサー・グループ(Essar Group)がボーダフォン(Vodafone)との合弁事業ボーダフォン・エッサー(Vodafone Essar/一般にはVodafone Indiaとして認識されている)の株式33%を動かすことを計画していると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

Bloomberg Business Week Newsによれば、その件に詳しい人々の意見を引用し、10%の株式は来年早々販売されるかもしれないと言っている。

10%の株式は少なくともUS$8億5500万と見積もられている。

インドのエッサー・グループは2009年に、株式を使用するという意志が資金調達目的のためとかんがえられたとき、電気通信の子会社エッサー・テレフォールディング(Essar Teleholdings)から、新たに作成されたETHL Communications Holdingsへ株式10.97%を動かした。

インドのエッサーには、やむを得ずボーダフォンがUS$50億で全体の株式を買うことを可能にする既存のオプションがあるか、またはその一部を貿易投資家か株式市場浮揚を通して販売できる。

この販売のためのオプションは、5月にオープンになり、1年間継続される。

ボーダフォンは2007年に、66%の株式のためにUS$107億を支払った。
それ以来ボーダフォンは、政府からUS$20億の税金法案と戦っていて、5月に株式値でUS$33億になっている。

また、ボーダフォン・エッサーは3Gライセンスのために、最近のオークションでインド政府にUS$24億8000万を支払った。

また、エッサー・グループのRuiasは、ムンバイにある以前BPLモバイルであったLoop Mobileを買収して、ボーダフォン・エッサーに吸収合併することに同意している。

Ruiasは元々、2005年にHutchを代表したモバイルBPLを持って来たが、彼らの協定が2006年8月に終わった後に、BPLの合併のために規定の許可の不足を引用して、現在のボーダフォン・エッサーであるHutchに所有権を譲渡するのを拒否していた。

長い間、彼らがBPL Mobileを握って、それを利用して別の通信会社を確立するライセンスを使用しようとしていると疑われている。

ボーダフォンは、ライセンスに関係ない会社を通してLoop Telecomと呼ばれる通信会社を成立したが、国営ワイヤレス・ローカル・ループ・オペレータ(national wireless local loop operator)を造る会社の計画で弁護士の意見を求めたことが知られている。

2009年Loop Mobileとして、BPL Mobileの商標変更はEssar Groupが全国的なネットワークプランを続けているという思惑を提起した。

ボーダフォン・エッサーで把持を抑えると、エッサー・グループ自身のネットワーク・プランを押し進める道は切り開かれることになる。

つまり、これまでイギリスのボーダフォンが海外で合弁事業という形で携帯電話事業を開拓し、テレコム植民地政策を展開し、独立するときにその通信事業を売却してきたが、ボーダフォン・エッサーの場合は、別の新しい展開になってきている。

つまり、合弁事業を売却し、新たに新事業として展開する計画である。
さすがインドの先端ビジネス事業者である。

テレコム植民地政策の弱点を突いてきた。

イギリスのボーダフォンとしては、巨大事業であるが、日本での展開に似て重荷になる可能性もある。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。