on-the-time.jp

2010年07月18日

マンデラの誕生日に本格浮上した、遺産のための戦い!

BBC Newsは2010年07月16日に、ネルソン・マンデラは2010年07月18日日曜日に92回目の誕生日を迎えることから、南アフリカの政治上のアイコンとして、親類、および同僚が祝う用意ができているが、それは同時に、経済の富のため、彼の名前のコントロールのため、ますます苦い不和にかかわるようになっていると報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

その論争は異なったレベルで行われ、彼が1999年に引退した後に設定した。
彼の3回の結婚、彼の人生の大部分を捧げた支配的なANC(African National Congress/アフリカ民族会議)、様々な基礎、およびチャリティーから何年間もにわたって彼と関係を鍛造した政治上の仲間や仕事関係者と同様に、マンデラの家族にかかわっている。

「南アフリカ共和国の住民(the South African)」の著者で、新聞の特約寄稿家フレッド・クマロ(Fred Khumalo)は、
「それは不快です。」
「彼がまだ生きているのに、人々は戦っています。」と言っている。

最新の論争は、フットボールのワールドカップ(World Cup)とマンデラの関わり合いで始まった。

トーナメントへの強化で、ANC政府のスポーツ大臣マケーンケシ・ストフィ(Makhenkesi Stofile)、およびマンデラの孫息子マンドラ・マンデラ(Mandla Mandela)は、両方が、元大統領を代表して話すと主張して、彼の願望が相容れないと説明した。

マケーンケシ・ストフィは、マンデラが大会初日に現れることを「要求した。」と言った。
マンドラ・マンデラは、ネルソン・マンデラが「家のことを好む。」と言った。

このもめているときに、ヨハネスブルグで行われたプレワールドカップコンサート(pre-World Cup concert in Johannesburg)から家に帰る途中、ネルソン・マンデラのひ孫13歳のゼナミ・マンデラ(Zenani Mandela)が自動車事故でなくなるという悲しい出来事が起こった。

ネルソン・マンデラが刑務所から釈放された後に離婚した、反アパルトヘイト・アイコンの2番目の妻であったウィニー・マディキゼラー-マンデラ(Winnie Madikizela-Mandela)は、「タタ」父親を代表してメッセージを伝えると主張して、ヨハネスブルグのプレワールドカップ集会に参入した。

彼女は、「ネルソン・マンデラは、トロフィーがアフリカに来て欲しかった。」と群衆に言い、離婚時点で持っていた辛らつな個人的で政治上の降下にもかかわらず、彼女は彼の名前で加盟する用意ができていたことを示した。

しかし、ネルソン・マンデラは、ひ孫の交通事故死のため、オープニング・セレモニーに出席しなかった。

公式にネルソン・マンデラの旅程を担当しているネルソン・マンデラ財団(Nelson Mandela Foundation)によると、「精神」にはそこにいたと発表している。

ネルソン・マンデラは、彼の現在の妻と共に閉会式に現れ、彼が群衆に手を挙げて振るのをグラカ・マシェル(Graca Machel)が助けた。
それは同時に、ネルソン・マンデラがどれくらいもろくなったかに関する明確なサインになった。
それを暗示して、問題が再び論争に点火し、マンドラ・マンデラは、ネルソン・マンデラがもの凄いFIFAからの圧力により、出席したと、世界フットボール理事会を非難した。

ネルソン・マンデラも利権屋の餌食になった。

確かに、FIFAのような組織は、有名人を利用しようとして、多くの暴走をしてきた。

ネルソン・マンデラの年表。
* 1918 - Born in the Eastern Cape
* 1956 - Charged with high treason, but charges dropped
* 1964 - Charged again, sentenced to life
* 1990 - Freed from prison
* 1993 - Wins Nobel Peace Prize
* 1994 - Elected first black president
* 1999 - Steps down as leader
* 2001 - Diagnosed with prostate cancer
* 2004 - Retires from public life
* 2005 - Announces his son has died of an HIV/Aids-related illness
* 2007 - Forms The Elders group to solve Africa's problems

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。