gaYa広告

2010年07月18日

バルト海の海底で「世界最古のシャンパン」を見つけた!

美容と医学の科学

BBC Newsは、バルト海の海底でダイバーがフランス革命より前のシャンパンの30瓶を発見し、引き上げたと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

その中の1瓶を開けとき、彼らは1782年から1788年の間にClicquot(クリコ/現在のヴーヴ・クリコ/Veuve Clicquot)によって作られ、まだ調子が良いことがわかったと言っている。

ボトルの形は18世紀に生産されたことを示し、現在、分析のためにフランスに送られた。
もし、確認されるなら、それは世界一古い飲用のシャンパンになる。

ダイバーのクリスチャン・エクストレム(Christian Ekstrom)は、、バルト海の海底で難破船を調査しているときに、ボトルを見つけた。

彼は1本を取り出し、同僚と共にそれを開いて、それを味わった。

彼はロイター通信社に、
「それは空想的でした。」
「非常に甘い味がありました。そしてオークを味わうことができました。それには、非常に強いタバコのにおいがありました。」
「非常に小さい気泡もありました。」と言い、
「それを飲むことが名誉である。」と言った。

フランスの通信社AFPは、記録によると、Clicquot champagne(クリコ・シャンパン)は、1772年に最初に生産され、生産は1789年のフランス革命の後に中断し、この約10年間だけ作られた。

海底で見つけられたワインは、海底が暗闇状態で、冷たかったので完全に保存されていた。

このボトルが1780年代なら、現在の記録1825年のbottle of Perrier-Jouetより約40年以上古く、「World's oldest champagne」になる。

シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方Hautevilliers Abbeyのベネディクト会修道院の地下ワイン庫係であった盲目のドン・ペリニヨン(Dom Pierre Pérignon/1638 - 1715)によって1682年06月28日に発明された。
つまり、発明から約100年後のシャンパンになる。

ワイン通は、各ボトルがオークションで約50万のスウェーデン・クローネ(4万5000ポンド/US$6万9000)以上になると予測している。

ボトルは、フィンランド自治地域のAaland(Ålands)の海岸で見つかり、地方公共団体は難破とシャンパンで所有者を決定すると言われている。

もちろん、発見者にも大きな権利がある。

Aaland(Ålands)のGoogle Earthポインター情報
60° 5'48.76"N,19°56'15.29"E
または、
60.096878, 19.937581

ヴーヴ・クリコ(Veuve Clicquot)12 nue du Temple, 51100 Reims, FranceのGoogle Earthポインター情報
49°15'33.82"N,4° 2'2.07"E
または、
49.259394, 4.033908

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告