on-the-time.jp

2010年06月20日

エジプトの古代ヒクソス王朝の地下都市をレーダーで確認。

超過去

AFPは2010年06月21日に、エジプト考古最高評議会(Egypt's Supreme Council of Antiquities)のザヒ・ハワス(Zahi Hawass)事務局長が、エジプトの首都カイロ(Cairo)北東部のナイル川下流域の町テルエルダバア(Tal al-Dabaa/Tal al-Daba)付近で、オーストリアの考古学チームが3600年前の古代エジプト・ヒクソス王朝(Hyksos dynasty)の首都アバリス(Avaris)とみられる地下都市を確認したと発表した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。


調査チームはレーダーを使って上空から一帯を撮影し、道路、家屋、墓などを含む計画的に設計された地下都市を確認した。
この他、都市を貫いて流れていたナイル川の支流や2つの島も確認できた。

ヒクソスはエジプト第2中間期(紀元前1664~1569年)に1世紀以上にわたりエジプトを支配したアジア系民族で、ヒクソスという呼称は「異国の支配者たち」を意味する古代ギリシャ語に由来し、後に覇権を回復したエジプト人たちはヒクソスの記念碑や記録をすべて破壊してしまった。

ナイル川下流域の町テルエルダバア(Tal al-Dabaa/Tal al-Daba)のGoogle Earthポインター情報
30° 1'58.93"N,31°12'45.89"E
または、
30.033036, 31.212747‎

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。