on-the-time.jp

2010年05月27日

乳房を青色に塗ったトップレスの女性権利活動団体メンバー。

AFPは2010年05月28日に、ウクライナの首都キエフ(Kiev)のロシア大使館前で2010年05月27日に、女性権利活動団体「Femen」のメンバーが乳房を青色に塗ったトップレス姿で政治家らの特権に抗議するデモ行進を行ったと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ウクライナでは、渋滞する道路を、閣僚や企業幹部らを乗せた車が青色のランプのサイレンを鳴らして優先通行する光景がよく見られ、これが死亡事故につながる場合もあると報告している。

「Femen」のデモは、こうした特権に抗議する反ロシア派のドライバーらによる運動「ブルー・バケツ(Blue Buckets)」に賛同したもので、「ブルー・バケツ」は、これまでにも屋根に青いバケツを乗せた車で走行する抗議行動を実施している。

面白いのは、取り締まりの警察官が、抗議している女性の顔ではなく、胸を見ていることである。
お巡りさん!それは正直であった。

さらにイタリアのVirgilioは、女性の胸は抗議運動の武器になると言うことを証明したウクライナの「Femen」による過去の抗議ニュースを多く紹介している。

20世紀までは、強烈な武器、強い軍隊の時代であったが、21世紀は消費社会、女性の胸が武器になる時代になった。
この方が平和的であり、米軍が古くさく感じる。
先日の沖縄問題と言い、古くさい政治家は、消えていくしかないのかもしれない。

ぐッばい!¥はとやま!¥¥¥
ぐッばい!¥みゆき!¥¥¥

はとやまは、政治生命をかけたのか?
もう引退!

ウクライナの首都キエフ(Kiev)のGoogle Earthポインター情報
50°27'0.00"N,30°31'24.00"E
または、
50.450000, 30.523333

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。