gaYa広告

2010年05月27日

イギリスの身分証明書計画断念!

モバイル・マネー

The raw storyはAFP(Agence France-Presse)からの情報として、新連立政権が2010年05月27日木曜日にゴードン・ブラウン(Gordon Brown)元首相が導入することを計画していた「national identity card scheme(ナショナルIDカード計画)」を断念することになっていると発表したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ナショナルIDカード計画は100日以内に、内務大臣テレサ・メイ(Home Secretary Theresa May)によって、デヴィッド・キャメロン首相(Prime Minister David Cameron)の政府が議会に提出すべき最初の議案であったが、提示された法律の下で撤廃されると報告している。

既に自由意志に基づいて発行されたカードを無効にすることになって、次の4年間で8600万£の無駄を削減した。

新政府が今月権力を掌握したとき、導入する途中で計画されていた。

カードのためにそれぞれ30£支払った人々は、ヨーロッパで彼らのアイデンティティか旅行を立証するのにもう使用できないことになった。

自主的に30£支払った人々は、ゴミのカードに30£支払ったことになった。

今さら、ICカードの時代でもない。
カードの時代は終わろうとしている。

今は、モバイル・マネーの時代になり、ボードにメモリー、チップまで搭載し、スマートフォンで管理し始めている。

ちゃちなICカードのセキュリティ能力に疑問が発覚している。
それでも日本は、パスポートにまだICチップを埋め込んでいる。
あれは、ほとんど無意味になってきている。
時代は、どんどん変化し、パスポートもそれに対応できないなら、早めに従来型にしないと、役に立たないことで、国民への負担だけが増えることになる。

時代に対応できない政府など、不要の時代もすぐ来る。
工学部卒業の鳩山首相なら理解できるでしょう。

それが理解できないのであるなら、工学部卒の意味まで消える。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト