2010年05月27日

イギリスの身分証明書計画断念!

モバイル・マネー

The raw storyはAFP(Agence France-Presse)からの情報として、新連立政権が2010年05月27日木曜日にゴードン・ブラウン(Gordon Brown)元首相が導入することを計画していた「national identity card scheme(ナショナルIDカード計画)」を断念することになっていると発表したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ナショナルIDカード計画は100日以内に、内務大臣テレサ・メイ(Home Secretary Theresa May)によって、デヴィッド・キャメロン首相(Prime Minister David Cameron)の政府が議会に提出すべき最初の議案であったが、提示された法律の下で撤廃されると報告している。

既に自由意志に基づいて発行されたカードを無効にすることになって、次の4年間で8600万£の無駄を削減した。

新政府が今月権力を掌握したとき、導入する途中で計画されていた。

カードのためにそれぞれ30£支払った人々は、ヨーロッパで彼らのアイデンティティか旅行を立証するのにもう使用できないことになった。

自主的に30£支払った人々は、ゴミのカードに30£支払ったことになった。

今さら、ICカードの時代でもない。
カードの時代は終わろうとしている。

今は、モバイル・マネーの時代になり、ボードにメモリー、チップまで搭載し、スマートフォンで管理し始めている。

ちゃちなICカードのセキュリティ能力に疑問が発覚している。
それでも日本は、パスポートにまだICチップを埋め込んでいる。
あれは、ほとんど無意味になってきている。
時代は、どんどん変化し、パスポートもそれに対応できないなら、早めに従来型にしないと、役に立たないことで、国民への負担だけが増えることになる。

時代に対応できない政府など、不要の時代もすぐ来る。
工学部卒業の鳩山首相なら理解できるでしょう。

それが理解できないのであるなら、工学部卒の意味まで消える。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告