on-the-time.jp

2010年05月27日

パームの主要なインタフェース・デザイナーが、Googleに移動する。

Mac ObserverがAllThingsDからの情報として、パーム(Palm)のヒューマン・インタフェース・ディレクターで、ユーザー・エクスペリエンスのマティアス・ドゥアルテ(Matias Duarte)が木曜日に、GoogleのAndroidチームに加わることが確認されたと発表した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

マティアス・ドゥアルテは、スマートフォン「Palm Pre」と、webOSのインタフェース開発に関わっていた。

マティアス・ドゥアルテはGoogleのAndroidで、Apple社のiPhoneに挑むことになった。

彼がいつ新しい役職を引き受けるかは明らかになっていないが、Androidのユーザー・エクスペリエンス・ディレクターになるようだと言っている。

これで、パームを買収したHPで、ヒューマン・インタフェース・ディレクターで、ユーザー・エクスペリエンスの空席ができた。
大きなチャンスかもしれない。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。